繊細すぎて生きづらい人のための自分らしい生き方プロデュース

心理学、脳科学、精神医学を元に繊細すぎて生きづらい人がストレスフリーに生きるためのライフハックを発信しています。

【大人の発達障害】働きづらいは解消できる?!自分らしく働くために必要な知恵

f:id:gift-mkn:20210109192142j:plain


過敏体質な人の働きにくさは、意外と周りの人の当たり前に染まっている事が原因かもしれません。

例えば「周りの人もまだ仕事しているし、先に帰るのは申し訳ない」と思っていたり、「まだ30分も経ってないし残業代はもらうべきじゃない」という思い込みでサービス残業をして仕事の時間を無駄に増やしている人がいます。

こういう場合「たった30分の残業でも、誰かに合わせて退勤することで着替えて駅まで帰る時間を誰かとダラダラ過ごし、結果的に自分の時間を1時間も無駄にしている」ということに気づいていません。


仕事のストレスは仕事以外のどこかで生み出していても、それに気づかなければ余計に疲れを溜めることになります。

特に大人の発達障害HSPと言われるような過敏体質の人は、それに気づいていない人も多いのではないでしょうか。

サービス残業」で損する働き方

f:id:gift-mkn:20210109193137j:plain


今働いている職場には「今まで残業代もらったことない」と言う人(以後Tさん)がいます。

その人は入職して3年が経つ正社員なんだけど、ほぼ毎日残業していて私より早く帰ったところを今まで見たことがありません。


確かにウチの所長は誰が残って仕事をしているのかを大体把握していてそっと残業代をつけてくれていたりもしますが、それでも「残業代をもらったことがない(残業代をもらう手続きをしたことがない)」というTさんの発言には衝撃を受けました。

じゃぁ、なんでこんな事が起こっていたんだろう?って考えてみたときに、善人でいようとするTさんの考えが損する役回りを生み出していた、ということに気がつきました。


善人は損する人??

f:id:gift-mkn:20210109193653j:plain


『周りの人も残ってるし、先に帰るのは申し訳ない』
『他の人は仕事ができるから残業代をもらってるんだ(私なんかがもらってはいけない)』

3年間残業代をもらっていなかったTさんは、おそらくこのような思いから残業代をもらってなかったんじゃないかなって思います。


ただ、これはある種「人間関係」に重きを置く人の盲点かもしれません。



「嫌われたくない」
「悪いイメージを持たれたくない」
「良い人って思われたい」

という思い込みがあることによって、損する役回りを得ていた事が考えられます。


中には残業代が欲しくて残って仕事をする人もいるけど、Tさんのようにネガティブな思い込みのせいでサービス残業をしているのは本当に勿体ないなって思います。

自分が無意識にとっている行動の異常性には気づくことは重要ですが、そのためにも自分自身が感じる【違和感】に日々敏感にならなければなりません。


残業代の申請に必要なのは“お金を受け取る勇気”?!

f:id:gift-mkn:20210109193349j:plain


大人になればなるほど、人間関係に重きを置けば置くほど、人は自分の「こうしたい!」という考えを抑えて周りの意見に合わせることが当たり前になっていきます。

残業をするにしても「周りの人は残業代をもらわずに頑張っているから私も頑張らなくちゃ」なんて考えていたり「30分も働いていないから、これは残業のうちに入らない」と残業代をもわずにいたら、無駄な労力を使う上に損をするだけ。


中には残業代を出さないブラック企業もあるかもしれないけれど、残業代をもらうに値する仕事をしていたのなら残業代をもらう権利があります。

会社が知りたいのは「何の仕事に、どれだけの時間が必要なのか?」なのだから、「〜に○○時間(分)かかりました」という申立てをする義務があってもいいくらい。


だから私も、新人で人より仕事が遅かろうが「〜に○○時間(分)」と残業代の申請をするようにしています。

今の職場でもTさんや他の社員は「私は今まで残業つけたことがない(だから申請の仕方もわからない)」と言っていたけど、分からなければ所長に聞けばいいし、残業代をつける・つけないは会社が決める事だから『残業代の手続きをしても良いのか?なんて余計なことを考える必要はない』と思って申請していました。

結果、全然普通に通った上に『この仕事なら1時間分つけてもいいよ』とも言われました。



結局、お金を受け取るか受け取らないかは自分で決めているんです。


これに関してはビジネスも雇われの仕事でも変わらないなと思いました。


働きやすさは自分で作っていく!

f:id:gift-mkn:20210109193423j:plain

・愚痴や噂話が多い
・仕事ができない人がいる
・仕事のやり方に細かい人がいる
・給料が安い
・残業が多い、定時で帰れない
・仕事のストレスが半端ない
・責任が重すぎる
・仕事に面白みを感じない
・会社のやり方が古すぎる
・新しい業務が増えすぎてついて行けない ・・・

「仕事の不満を挙げて下さい」と言われたらこのような不満が出てくると思いますが、その不満を不満のまま仕事している人は凄く多いし、フラストレーション(不快感や緊張感)が溜まった分、それが爆発してあらゆるところにしわ寄せが来ている人も沢山見ます。

ストレスで飲みすぎや食べ過ぎで太ったり病気になってしまう人もいるし、怒りたくない時に怒り出したり、泣きたくないのに泣き出してしまう人もいるし、人に迷惑をかけた自分に自己嫌悪する人もいます。


そういえば「残業代をもらっていない」と話していたTさんも「1日1リットル飲んでいるお酒がやめられない」と話していたけど、結局これも仕事のストレスを溜めている事が原因なんじゃないかなって思います。


どんなに善人でいようとしていても、自分の心や体に嘘はつけません。


自分にとって一番楽な生き方は「我慢しない」という生き方なんです。



例えば、自分の価値観に沿った生き方をしていくのもいい。


私の場合は「自由」という価値観がとても重要なので、働き方も一つの職場・職種に限定するのではなく、看護師として訪問入浴やデイサービスで働きながら、フリーランスでブログを書いたり人の相談に乗ったりしています。

それに訪問入浴の仕事は非正規雇用だけど、残業した分の残業代はきっちりもらっているし、本来はシフト制だけど「予定が早めに分からないと困る」という話をして、固定シフトにしてもらっていたりもします。


勿論、相手に頼んでばかりではなく「忙しい曜日は優先的に出られるようにします」「もしシフト変更の希望があれば柔軟に検討していきます」と会社にもメリットがあるように交渉をすることで初めて相手に意見を受け入れてもらってるんだけど、意外とこの交渉が重要なんじゃないかなと思っています。


ある意味、自分の働き方一つにこだわりを持たなければ相手を納得させるように話を通すことはできません。

逆に言えば、自分の中のこだわり(譲れない価値観)を何かしら持っていれば、交渉次第でその意見を通すことができるし、その分自分に見合った働き方ができるということでもあります。


その意見を言って初めて動き出すことだってあるのだから、会社のやり方、ルールにただ従うのではなく、時には自分の意見を言ってみることも大切なんじゃないかなって思います。






Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram

f:id:gift-mkn:20201108171705j:plain

Natsumi  Gift producer  
才能プロデューサー|ブロガー|看護師で重度うつを経験→独立後、自分がHSP(過敏体質)だと気づく→ギフテッドスクール事業を展開し全国からの依頼が殺到|ギフテッド(繊細さという才能がある人)がストレスフリーに生きる秘訣や個性の引き出し方を発信しています。

個人セッションは海外・全国の方を対象に開催中


ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)
は▶︎こちらから