繊細すぎて生きづらい人のための自分らしい生き方プロデュース

繊細すぎるHSPや隠れアスペルガー特有の生きづらさを解消し、自分らしさを取り戻す方法についてお伝えします。

職場の人間関係は気にしなくてもいい?!HSPの“共感能力”でコミュニケーション力を上げる方法

f:id:gift-mkn:20200817102154j:plain


職場では「愚痴」や「噂話」ばかり・・人間関係にも上手く馴染めないし、自分のことまで噂されているんじゃないかと不安に思うギフテッド(繊細人)もいるのではないでしょうか?

特にHSP(繊細すぎる人)の共感能力は、人の感情の変化に敏感であるからこそ、必要以上に空気を読もうとしてしまうところもあります。

仕事をするだけならまだしも、人間関係のストレスによってエネルギーを消耗してしまう人も少なくありません。


なので今回は、そんなHSPに向けた「共感能力を活かしたコミュニケーション術」についてお伝えしていきます。

このコミュニケーション術は仕事のミスを減らしたり、仕事効率を上げることにも役立ちますので、ぜひチェックしてみてください^^

 

ギフテッド(繊細人)の人間関係の悩みの大半は『変わり者』が理由?!

f:id:gift-mkn:20200817102309j:plain


↓こちらの記事でもアスペルガーにはこだわりが強く、プライドが高い人が多い」という話をしましたが、

ギフテッド(繊細人)は基本的に変わり者なので、人間関係に中々溶け込めなかったり、この人間性を理解されないことが多々あります。


その理由は、

・周りの人やその人の話に興味が湧かない
・普通の人と視点や感性が違うため自分の考えが理解されにくい
・相手の話を聞くよりも問題解決に走りやすい
 →結果ウザい人だと思われる
・ギフテッドはお互いの気持ちではなく、興味のある事柄を共有したい

という変わり者の特性にあります。


繊細人であり、アスペルガーやそのグレーゾーンの人、HSP前頭葉(感覚系をつかさどる脳)や扁桃体(記憶や精神系が関係する機能)が上手く働きにくいこともあり、人とは違った形で情報処理がされていることが分かっていますが、

人の気持ちに関心が持てなかったり、人の感情を上手く汲み取れない代わりに仕草や口調など相手の微妙な行動の変化を読み取って感情を予測する、という行動が良い例。


人とは違ったやり方で独自の視点や感性を活かしてコミュニケーションをとっていく、という独自のスキルをギフテッドは無意識に身につけていたのです。


愚痴らないのも、仲間はずれの原因に・・?!

f:id:gift-mkn:20200817102900j:plain


人は何かしらの情報を共有したい生き物で、働いている職場においては「仕事上での悩みや愚痴」「職場の人の噂話」をしたいと思うこともあります。

ギフテッドは自分と同じように他人にも興味がないため、人の相談に乗ることはあっても愚痴や噂話に興味が湧くことが殆どないし、それはむしろ良いことなのですが、

職場の人たちにとっては「自分の感情を共有できない人(一緒にいてもつまらない)」という印象として残りやすい。


なので特に何かしているわけでもないのに「この人は自分の気持ちを理解してくれない(理解できない)人だ」と思われてしまうこともあります。


じゃぁ誰かの愚痴や噂話をしなきゃいけないのか?というと、そうではありません。

ギフテッドの特性を活かしながら、程よい距離感で人間関係を築くこともできます。


HSPの特徴「共感能力」を活かしたコミュニケーション術

f:id:gift-mkn:20200817103719j:plain


HSP(繊細すぎる人)は共感能力が大きな特徴でもありますが、

その才能を活かすとただ誰かとコミュニケーションとるだけで仕事効率が上がったり、仕事のミスを減らしたり、ミスをしたとしても補填してもらえるということがあります。


例えば私の場合、

「めんつゆ焼きそばって、簡単に作れるのに上品な味付けになって美味しいらしいよ!」なんて話しているのを見かけたら「そうなんですか!今度やってみよぉ〜^^」なんて言いながら次の日には試したりして、その感想をシェアすることがよくあります。

ここでのポイントは「無理に話を合わせていないこと」と「自分の好きなことをたまたま自然に実践している」ということ。

特に「自分の好きなことをたまたま自然に実践している」というのが共感能力による独特の行動なのですが、計算ではなく無意識にやっているからこそ、相手にとっては絶妙は距離感と親近感を生み出していることにもなるのです。


その他にも

・人のお願いを快く受け入れる
・愚痴や噂話は頷くだけか、軽く受け流す
・時には人間関係の悩みや起こったトラブルについて相談してみる
・自分の行動の意図を伝えて問題を回避する

というものがあります。

ちなみに「人のお願いを快く受け入れる」についてはできる範囲で良いし、人間関係の悩みが特になければ無理に人に話そうとしなくても大丈夫!


「自分の行動の意図を伝えて問題を回避する」
に関しては、ギフテッドのプライドや責任感ゆえに自分で問題を抱え込みすぎるのを回避してくれます。

仕事でわからないことがあった時に誰かに確認してから実行することってあると思いますが、その方法が間違っていて他の誰かに責められた時、その場で素直に謝ってしまうことってよくあると思います。

ですが、責任感が強い人はその分自己肯定感も低く、誰かに責め立てられたり注意を受けることで自分まで自分自身の行動を否定してしまうこともあるため、この状況が重なれば鬱や燃え尽き症候群になりかねません。


自分のメンタルを守るためにも、自分の考えや行動の意図を伝えることは大切。

「自分では分からなかったので、○○さんに確認して〜をしました。」
「私は〜だと思ったので△△をしたのですが、皆さんはどんな考えでこれを行なっていますか?」

と、自分の脳内を開示すれば「なぜ問題が起こったのか?」「なぜ〜することになったのか?」が明らかになります。


ここで忘れてはいけないのが、自分を責め立てるように何かを言う人は「(自分を)責めたいのではなく、その出来事が起こった理由(根拠)を知りたいだけ」だということ。


仕事でミスが起こらないためには事前の対策が必要です。

その必要な情報を得るために問いただされているのだと思えば、もっと積極的に自分の行動の根拠を伝えていくべきだと思えるんじゃないかなって思います。


また、このように自分の脳内を開示するということは「自分の取扱説明書」を相手に託すということでもあります。

それは、その人の欠点やミスが起こりそうな箇所を、ある程度予測させるということでもある。


今までは隠れアスペルガーゆえに仕事に馴染めずミスを連発したり、空回りをした経験がある人でも、それを補填してもらうことが可能になるため、その前に比べたらだいぶ働きやすくなります。

そう考えると、コミュニケーションスキルはHSPにとってなくてはならない技術なのかもしれません。


まずは「愚痴」や「噂話」の前提を知ること!

f:id:gift-mkn:20200817105347j:plain


「愚痴」や「噂話」が出る職場ってあまり良いイメージがないかもしれませんが、逆にそれが全くない職場というのは存在しないのが普通です。

それだけ人は「愚痴」や「噂話」を通してストレスを発散したり、自分の思いを理解して欲しいわけで、それをするからこそ気持ちをリセットして仕事が頑張れる、という部分もあります。


ギフテッドは誰かに不満を持たないぶん、「愚痴」や「噂話」を素直に聞き入れるのは難しいかもしれませんが、聞いたら軽く頷いて聞き流せば、それで良いんです。


そして重要なのは「誰しも、人間には二面性がある」ということ。


感じの良い人が陰口を言っていたりすると、それだけで幻滅してしまうこともあるかもしれませんが、人間いつでも良い人ではいられないし、感情的になっている時は普段我慢していた本音がポロリと出てしまうこともあります。


なので、周りの人の言動に一喜一憂するのではなく「あぁ、今すごくイライラしてるんだなぁ」とか「(誰かの噂話に対して)まぁそういう風にも見えるよね」と思っていればいいの。


それよりも徹底すべきは、コミュニケーションを積極的に行なうことでお互いの情報を常に共有し合うこと。

そして自己脳内を開示することで、お互いのストレスを最小限にしつつ仕事のミスを減らしたり、自分の苦手を誰かに補ってもらいながら効率良く仕事をすることです。

相手を信頼して脳内を開示するなんて、素直で純粋なギフテッドにしかできません。


だからこそ、その能力を活かしていくことで職場の人間関係を良好に保つことができるんじゃないかなって思います。






あなたの才能お探しします!「ギフテッドスクール」からご予約ください^^

https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/courses/11875




【コロナ割】でオンラインセッションもお得に受けられます☆

▶︎【コロナ割】オンラインセッション








Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram


f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
元看護師。隠れアスペルガーHSPという視点からギフテッド(ここでは「繊細な人たち」と定義しています)を対象に、心理学、脳科学を用いた薬を使わない精神療法や個別型ギフテッドスクール「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施。
セッションのご予約は海外、全国からも承っています。


ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)
は▶︎こちらから


ココナラからのご相談は▶︎こちらから