繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

【生きづらさを感じる繊細人の我慢は厳禁?!】我慢を重ねたらウッカリ下心が出ちゃったサラリーマンの残念なお話

f:id:gift-mkn:20190506180103j:plain

自分の気持ちに嘘をついたり、本音を誤魔化す癖がついている人は、自分が求めているものが手に入りにくい。

例えば、好きな人に好かれたいのに嫌われるようなことを言ってしまったり、可愛くおねだりすれば買って貰えるものを維持を張って逃してしまうなど、

「そんなつもりじゃなかった・・。」

と後悔するような言動を、無意識にとっています。


自分を押さえ込んで我慢しながら生きてきた人は、ただ生きづらいだけじゃなく後悔することも多いんじゃないかなって思う。

そして年を重ねるほどに我慢が重なると、時に人間性を失うこともあります。


これって物凄く怖いこと。


人目を気にせず自分の言いたいことを言ったり、やりたいことを好きにできた時に初めて、真の自由を手にすることができると思うのです。


 
目先の人間の言うことに惑わされないで!!

f:id:gift-mkn:20190506180213j:plain



そもそも人は、自分の経験してきたことや自分が蓄えている知識を元に物事を判断する生き物。

その人によっては物事を見る視点や感じ方、得る情報が異なるから、結局は「自分なりに見ている世界」という幻想の中で生きていることになります。

何が嘘で、何が真実かなんて誰にも分からないし、常識的な考え方も常識に重きを置く人たちが勝手に作り上げたもの。


そこに「◯◯であるべきもの」なんてありません。

だからこそ、誰かの見てきた小さな世界によってジャッジされる必要はないと思うの。


確かに好きなことを発言する権利は誰にでもあります。

でも、必ずしも相手が言ったことに従う必要はないし、その考えを全て受け入れる義務もありません。


そんな表面的に起こっている出来事よりも、自分が何をどうしていきたいのか?何を人に伝えていきたいのか?が大切だと思うんです。



「好きなこと」をやっていれば「好きなもの」ばかりが集まってくる?!

f:id:gift-mkn:20190506181552j:plain



この前とある人が、


「一度嘘をつくと、後で自分が辛くなるんだよね。だから嘘はつかないようにしてる。」

と話していました。

これは本当で、私が人に嘘をつかない(嘘をつけない)理由もここにあります。


人って結局は生き物だから、本来は「動物」としての純粋な気持ちを持っている。


そんなピュアな心に一々嘘をついていると

「こんな嘘をつく自分は変だ!」
「こんなのは本当の自分じゃない!」

ホメオスタシス(体のバランスをとる働き)によって「嘘をつく」という行動とは矛盾した行動を起こすようになっているの。


例えば、紹介してもらった人と付き合うことを決めたのは自分なのに彼氏の愚痴ばかり言っていたり、相手の希望を優先してデートしているのは自分なのに不満ばかりを抱えているのがそう。

良かれと思ってやっているんだけど、自分の気持ちに「些細な嘘」をつくことによって、理想とは違った現実を手に入れてしまうのだけど、

それを自分が引き起こしているんだということに、当の本人は全くと言って良いほど気付いていません。


逆に、誰からどう見られるか?とか常識的なことを気にせずに、自分の好きなことを言ったりやったりしている人は後悔することがほとんどありません。

それは自分の直感に従うことが重なる毎に、自分のジャッジに満足するようになり、妥協しない分本当に求めているものが手に入りやすくなるからなのかなって思います。


「好きなもの」を選ぶ人には、自然と「好きなもの」が集まってくるし、「好きなもの」だけに囲まれるようになる。


自分の心に嘘をつかなければ、体験できることがこんなにも変わるのです。



我慢を重ねて人間性を失った人たち

f:id:gift-mkn:20190506182244j:plain


これは私がお世話になっているネイリストさんが最近デートした、ある2人の男性のお話。

1人目は世間から認められる良い人で見た目もイケメン領域に入るレベルの人。

5回目のデートにカラオケに行った際に抱きつかれたので全力で拒否していたら「なんで5回もデートしたのにヤらせてくれないんだ!!」と激怒したとのこと。

そして2人目は、映画デートをする際に「俺が観たい映画に付き合ってくれる代わりに奢ってあげるよ」と言っていたにも関わらず「1000円でいいよ。」と言ってきたとのこと。

更に帰りに「夜景を見に行こう」ということになって行った場所が、丘の上の駐車場。

夜景はほんの小さな街並みが見える程度だったので「何かがおかしい」と思ったそうなのですが、その直後「そこ、俺んちだから」と言われ、彼が指を指す方向に家があったという。


結局はどちらも、彼女と身体の関係になりたい気持ちが先走って、下心丸出しの行動や発言をしてしまうわけなのですが(汗)

なぜこのようなことが起こったのか?というと、それは「日々の我慢の積み重ね」が原因なのだと思いました。


「人は常識に縛られると幸福度が下がる」と話している作家さんもいますが、これは本当にそうで、人目や世間体ばかり気にしていると自分の欲求を満たすことができません。

結果、この2人の男性のように「欲の出しどころ」を間違えてしまって、下心が丸出しになってしまうのです。


私の友達が利用している出会い系アプリにも、見た目はイケメンだけど何度もイエローカード(女性からのNG)をくらっている人がいるそうなのですが、

その人も今回の2人の男性のように、挨拶程度のメッセージのやり取りをしただけでデートの約束をとりつけようとしてくるのだとか。


これは、いくらイケメンであってもいただけない・・。


ちなみに、今回の男性2人も普通に良い人という印象がある上に、見た目も普通〜イケメンレベルなの。

折角良いものを持っているのに、勿体ないなぁとつくづく感じてしまいました。



小さなごまかしは偽りの人間を創り出す

f:id:gift-mkn:20190506183221j:plain

先ほど話した人たちのように、自分の心に嘘をついたり些細なごまかしを重ねていくと、人は“人としての当たり前の感覚”を失いやすくなります。

例えば、仕事を失敗してしまった人に対して自分の感情任せに叱りつけてしまったり、好きな人に甘えたいのにわざと相手の嫌がるようなことや困ることをしてしまう、といったように・・。


ネイリストさんとデートした2人も、職場ではきちんと仕事をしたり、人当たりが良くて良い印象を与えているかもしれないけれど、我慢が重なることで下心が出てきてしまったというのは、人としての当たり前の感覚を失ってしまった典型例。

このようにならないためには、人目や世間体ばかりに重きを置かないことなの。


人には誰しも自由意志というものがあり、発言の自由や行動の自由があります。

勿論、だからといって犯罪を犯したり、人の嫌がることをやっていいという訳ではないけれど、それでもある程度は周りを気にせずに好きなことをやっても良いと思うんですよね。


例えば、自分の苦手な仕事が任されそうになった時、無理に請け負わずにその仕事が得意な人に任せるという手もあるし、

会社の付き合いや接待で飲みに行くことが必要な仕事でも、相手が(人間性が好きではないなど)人として付き合いたくないと思う人なのであれば、無理に付き合う必要はありません。


そういった些細なことからでも、自分の気持ちを優先して行動していくと、本当はどうしたかったのか、今まで淀んでいて全く顔を出すことのなかった本心が段々と「見える」ようになります。

すると、自分の本心(本音)に従った行動によって「もっと自分に合った仕事を始めよう!」と転職に踏み切ることができたり「この人なら自分のパートナーに相応しいな」という自信から恋愛が上手くいくようになるのです。





Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       


 
会員制ブログも公開中❤️
Mentorship オンラインサロン
ダメ恋愛脱出講座 


f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
元看護師。隠れアスペルガーHSPという視点からギフテッド(ここでは「繊細な人たち」と定義しています)を対象に、心理学、脳科学を用いた薬を使わない精神療法や個別型ギフテッドスクール「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施。
セッションのご予約は海外、全国からも承っています。



ギフテッド診断
は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから


質問も受け付けています⭐️
https://peing.net/ja/natsumi111777?event=0



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜


ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)