繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

【HSPに向いてる仕事の見つけ方】「自分に向いてること」は直感しか知らない??

f:id:gift-mkn:20190126172856j:image

「これをやってみたら?」と言われるものを試しても上手くいかないし、やりがいも感じない。

仕事をしていてもミスばかりだし、自分に向いていることなんてあるのかな??


そんな風に悩んだ経験がある人もいるのではないでしょうか。


人に勧められたこともできないし、何かやっても空回りすることが多いと「自分には何か問題があるのかも・・」と思ってしまう人もいますが、

それはもしかしたら「自分に向いていることではなかったから」かもしれません。


では、HSPが自分に向いていること、向いている仕事を見つけるためには何をしていけば良いのでしょうか。

今回は「HSPに向いていることの見つけ方」についてお伝えしていきます^^

「無理だな」と思うものは、自分には向いてない?!

f:id:gift-mkn:20190126165501j:plain

自分と違うタイプの人がバリバリ仕事をこなしている様子を見て「自分には無理だな」「こんなこと、私にはできない」と思ったことってありませんか?


私の場合、人と話したり誰かの相談に乗ることは好きだけど、数字を管理したり、YouTuberのように動画を撮って編集してアップしたり、社員を雇って会社を経営するのは無理だなって思います。笑

いくら人に「簡単にできるよ!そのやり方教えてあげようか?」と言われたとしても、全くやりたい気持ちが起こりません。笑

でもこれが「自分にとって向いていないこと」だと思っています。



よく「それは私には向いてません」なんて話をすると「最初から向いてないと決めつけるな!」「一度やってから決めろ!」と言う人がいます。


ですが、それはひと昔前の話。

「自分にとって向いていないこと」と言うとネガティブなイメージを持つ人も多いのですが、実際はそんなことありません。


というよりも、むしろ「自分にとって向いてないこと」であるにも関わらず「ちゃんとできるようにならなきゃ!」と思って取り組むから、

中途半端にしか出来るようにはならないんですよね。



これまでの時代は「組織で動く」という考え方が強かったため、誰かがいない時の穴埋めをするスキルが必要でした。

また誰かがいなければ代わりを作ることで、組織を絶やさないことが当時の目標でもありました。


ですが新しい時代になった今は「個(個人)」の時代。

物、情報、文化や価値観が多様化している今の時代に必要なのは、要らないものを削ぎ落として必要なものだけを残すことなの。


これはつまり「魂が本来求めるものだけをやっていく(必要なことにだけ取り組む)こと」を指します。

ちょっと難しい話ではありますが、簡単に言うと「自分の嫌いなことではなく好きなことをやっていても事がおさまってしまう世の中になった」ということなの。(雑すぎる?笑)



でも実際にそう思いませんか??


特にギフテッド(繊細人)は自分の本音には従順な人ばかりなので、


自分のやりたくないこと、無理だと思うことをやっていても、面白みを感じないために継続できない人が多いんじゃないかなって思います。

それにADHDアスペルガー、大人の発達障害と言われる人たちの転職回数が多いのもこれが関係していると思うんです。


「やりたくないことは、向いていないこと」ならば、

「自分のやりたいこと」「上手くいくイメージが湧くもの(向いていること)」をやっていくのが賢い選択なのではないでしょうか。


「やってみたい」は向いてるサイン

f:id:gift-mkn:20190126170135p:plain


基本的に人は「上手くいくイメージが持てるもの」しかできません。


例えば「車を運転する」ということを考えた時に、運転を全くしたことがない人、運転免許を持っていない人にとって「自分が運転をしているイメージ」はできないと思います。

まぁ運転免許を持っていなければ、法的に考えても運転することは物理的に無理ですが、

運転免許を持っていて、運転の方法を知っていて、自分が運転している(運転ができている)イメージが持てる人にとってはどうでしょう?

運転ができないと思っている人よりも「運転が向いている」ということになりませんか?


「人はイメージ(想像)したことしか現実にすることができない」とあらゆるビジネス書や引き寄せの法則でも言われていますが、

「これなら上手くいきそう」「やってみたい」と思うものは自分にとって向いていることで、向いていないことを実際にやるよりもすんなり上手くいってしまうものなの。


時には周りの人に止められたり「お前がやるのは無理だよ」「それをするのはおかしいよ」なんて意味もなく言われることもあると思いますが、

それはあくまでその人にとって無理だという話で、本当は嫉妬心や同じことができない自分に対する劣等感から出てくる言葉なの。


だからその言葉に惑わされる必要はありません。

自分の『直感』を信じることが大切です。




ドリームキラーに惑わされるな!!

f:id:gift-mkn:20190126170853j:plain


自分に自信がない人、ネガティブな人は仲間(共依存の関係にある人)が離れていくことを恐れます。


その理由は自分にとって依存する関係にある人だから。


共依存の相手が良い方向に変化していたとしても、変化することで自分の元から離れていくことを恐れて、

「それはやめておきな」
「上手くいくのは一部の人だけだよ」
「あなたには無理だよ」

という言葉をかけて引きとめようとするのです。


でも変化しようとしている人にとって、このような人は足を引っ張る存在でしかありません。

足を引っ張って変わろうとする人の夢を引き裂こうとする人を「ドリームキラー」と言いますが、このような人とつるんでいると、いつまでも変われなくなってしまいます。



ちなみに昨日は、恋愛に関するこんなご質問をいただきました。


f:id:gift-mkn:20190126163317p:plain


彼女は周りの人から「彼との価値観が合わない」と否定的なことを言われていることに対して悩んでいるようでした。

ですが、これに関してもドリームキラーと同じようなことが言えます。

そもそもドリームキラーって、自分事で物事を考えて話をすることが多いの。


「価値観が違う人とずっと一緒にいるだなんて、(私だったら)耐えられない!」
「上手くいかないのは相手と考えが合わないからよ(私がそうだもの)」

このような一方的な意見を聞いていたら、それだけで頭がおかしくなりそうな気がしませんか??

だから、自分のやりたいことをスムーズに取り組んでいくためには、ドリームキラーという存在は自分から断ち切っていくしかないのです。


ところが「断ち切ればいい」と言っても、それができない人がほとんど。

その理由は今回の回答でもお伝えしたように、自分が繊細であったり、相手がエナジーバンパイアという関係ゆえに影響を受けてしまいやすかったりするからなの。


ましてや家族が自分を反対するような人だったりすると、

長年刷り込まれてきたネガティブな考え方をベースに考えるが癖ついていて、上手くいくイメージすらも湧きにくかったりする。


だからそういう人には個人セッションを受けてもらうのが一番良いんだけど、

繊細な自分を深く理解して、自分の中の凝り固まった考えを壊していくと、もっと広い視野を持って色んなことが考えられるようになって

「なんか面白そう!」「これだったらやってみたい!」という思いが湧いてくるようになるんです。


「うつ」と言われる人たちが何にも興味が持てなかったり、何かやりたいって気持ちが起こらない理由も、実はここにあるんじゃないかなって思います。






Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、ギフテッド(ここでは「繊細な人たち」を定義しています)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお申し込みいただいています^^


ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

質問も受け付けています⭐️
https://peing.net/ja/natsumi111777?event=0




゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜


ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【オススメの本】

これ読んで衝撃だった!!
自分を好きになるってこういうことなんだって再確認できます^^

「自分好き」な女ほど、愛される

「自分好き」な女ほど、愛される