繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

常に不安感があると鬱になる?!お金の不安解消から読み解くメンタルケアとは

f:id:gift-mkn:20190110194248j:image

不安な気持ちを抱えたまま自分を追い詰めていると、まるで一生その悩みから抜け出せないかのような気持ちになってしまうことがあります。

人は感情の逃がし方を知らなければ、その苦しみが成長のためにあったとしても、ただ苦しいとしか感じることはできないの。


辛いことには、必ずその抜け道があります。

「抜け道がない」と感じてしまうのは「抜け道なんて絶対にない!」と勝手に思い込んでいるからなんです。


「上手くいく」と言われた方法をいくら試しても効果がありません><

f:id:gift-mkn:20190110193034j:plain


ギフテッド(繊細人)は器用貧乏なところがあるため、自分を追い込んだり無理をしたりして周りが見えなくなってしまうことがあります。

ドツボにハマると息抜きや休憩することなく突っ走ってしまって、自分にとって本当に必要なものを見失ってしまったりするの。


例えば普段の仕事が上手くいかなくなった時、周りの人がタスク管理をしながら仕事しているところを見れば、

「私が上手くいかないのはタスク管理をしていないからなんだ!」と思い込んで苦手なタスク管理を始めたりします。


別にタスク管理が苦手な人がそれをしてはいけない、というわけではないのですが、

曖昧な判断で苦手なことを取り入れてしまって「出来ない自分」を知らされ、自己嫌悪に陥るというのはよくある話。


というか、これは私の実体験なのですが。笑

周りの人がやっていること、上手くいっていることに目が行きがちになってしまって、ついつい自分のやるべきことが疎かになってしまうんです。

器用貧乏ゆえに仕事で空回りしているなぁと感じることがあるのだとしたら、周りに目を向けている焦点を再度自分に向けていく必要があるかもしれません。


お金の悩みを解消したら2000万円の借金が無くなった!

f:id:gift-mkn:20190110193113j:plain

これは私のクライアントさん(以後Tさん)のお話。

ある日急にTさんから連絡があって

「実は親が自分の名義で2000万円くらい借金していることが分かったんです。どんなに仕事をしても死ぬまでに全額返せる気がしないし、、お金がない生活から抜け出すにはどうすれば良いのでしょうか。」

 といったご相談を受けました。


Tさんは私のビジネス時代の元ビジネスパートナーでもあるのですが、

今までも「どうしても今の自分を変えたい!」と必死にビジネスに取り組んでいたのには、こういった理由があったのです。


普通に考えれば額も額だし、今後返済していくことや将来に対して、不安な気持ちでいっぱいになりますよね。

私だったらこの借金をキッカケに鬱になったり、自殺を考えることもあるかもしれません。


私はどうにかTさんを救いたい一心でお金の問題の本質を探っていくと、あることに気がつきました。

それは「自分にはお金がない」という強い思い込みを持っていたということ。


「自分にはお金がない(自分は貧乏だ)」

この思い込みが本当の意味でTさんを苦しめていたのです。


例えば人は「これがない!」と思い始めると「本当にない」と思い込んでしまうところがあります。

「(ほんの少しでも)ある」と思えれば、それは「ある」になるのですが「全くない」と思い込んでいたから「自分は貧乏だ」という考えから抜け出すことができないの。


私は悩んでいた彼に対して、このように伝えました。

「無いって言いますが、、ご飯は毎日食べれてますよね。お仕事できる環境もあるし、住める家もある。今は彼女と一緒にも暮らしているし、お金に特別不自由しているわけではないですよね・・。それって、本当に『ない』ということなのでしょうか?」

 
私はいつもこうやって、質問を質問で返します。笑

その理由は、悩みや問題の理由がクライアントさんの心の中にあるからなの。


で、人は「本当にないんですか?」と聞かれると「本当にないのだろうか?(ひょっとしたら少しはあるんじゃないか?)」と考え出します。

すると、ない理由よりもある理由の方が浮かんできて、その結果「お金がある」ということに思考が変換されるのです。


Tさんはこのようにセッション(ギフテッドスクールというやつ)をおこなっていった結果、親が自分名義で借金をしていなかったという事実を知ることができました。

(実際はお兄さんの名義で借金をしていたのだそうです。)

いずれにしても「お金はある」と思うようになった直後に発覚した、というのが凄いことだと思うんです。

こんな風に、イメージしていることしか現実には起こらないようになっているの。



思考の現実化は引き寄せの法則とも繋がるものがあります^^

こちらの本もオススメ⭐️⭐️

確実に金持ちになる「引き寄せの法則」 (知的生きかた文庫)

確実に金持ちになる「引き寄せの法則」 (知的生きかた文庫)

 

 


パターンを変えることの重要性 

f:id:gift-mkn:20190110193153j:plain

人が困ったり、悩んだりしているとき、感情の抜け道は一つしかありません。


血流も流れ道が狭かったりドロドロの血液で障害物ばかりだと、動脈瘤(血管にコブがある状態)になったり、流れがそこに溜まってしまうと破裂してしまうことがありますが、

人の感情もそれと一緒で、感情の抜け道を作ってあげないと考えが行き詰まった時にすぐにカッと怒り出してしまったり、急に悲しくなって鬱々してしまうことがあるの。

ギフテッドのようにちょっとしたことに傷つきやすい人ほど、感情を上手く流せるようにならなければなりません。


別の視点や別の発想を取り入れるためには、普段の生活に抑揚を付けるのがてっとり早い。

例えば「仕事ばかりで忙しくて何に対しても興味が湧かないし、何をやっても楽しいと感じない」と思うのであれば、思い切って仕事を休んでみる。

仕事バリバリこなしている人が丸1日休むと「こんなに怠けちゃって良いのかな?」と感じることもあると思いますが、そう思えるくらいが案外調度良くて、

「また仕事頑張ろう!」っていう気持ちになったり、休んだら悩みがどうでも良く思えてきたり、冷静になってみたら本当にやりたい仕事がパッと思い浮かんできたりするの。


逆にダラダラすることが多くて「ダラダラしている自分が嫌」「生きていても面白くない」と思うことがあるなら、生活習慣を正してみたり、行ったことのない場所に出かけてみる。

そうすると、普段閃かないことが閃くようになって「前に好きだった音楽でもまた始めてみようかな」なんて思えてきたり、

「とりあえず小遣い程度は稼いでみるか」という気持ちになって、バイトの面接に申し込んでみようという気持ちになってきたりします。


何が起こるのかはその人じゃないとわかりませんが、鬱々しちゃう人が鬱々しちゃう理由って「自分の好きなことを知らない」のが大半なんです。

好きなこと、興味の湧くことは、日常のちょっとした刺激や変化から見つけることができる。


代わり映えのない毎日に嫌気が差しているのなら、まずはパターンを変えることから。





Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、ギフテッド(ここでは「繊細な人たち」を定義しています)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお申し込みいただいています^^


ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜


ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【オススメの本】