繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

こうして私は「自分がよくわからない」を克服しました

f:id:gift-mkn:20190108211742j:plain


人は誰かの考えに依存していると、自分の考えや自分自身でさえも見失うことがあります。

これは大人になればなるほど、その傾向は強くなります。


普段、決められた業務をこなすばかりで自分と向き合う時間がとれなかったり、夢中になれることがなかったりすると、

人生が退屈なものだと感じたり、やる気が起こらない日々を送っていくうちに生きる意味を失ってしまうこともあります。

「自分がよくわからない」そんな悩みも、なぁなぁな日常が生み出しているの。


では、どうすれば代わり映えのない日常を変えていくことができるのでしょうか。

今回は「自分がわからない」問題を克服する方法についてまとめてみました。


自分がわからないのは「夢中になれるもの」に気づいていないから?! 

f:id:gift-mkn:20190108210620j:plain


「自分がよくわからない」
「私は一体、何をしたいのだろう」

そう感じる人の多くは「自分が夢中になれるもの」を知りません。


堀江貴文さんが大学で講演をしていても、その中で最も多い質問は

「自分のやりたいことがありません。
これから僕(私)は、何をしていけば良いのでしょうか。」

というもの。


堀江さんは毎回「それはただの甘えだ!」「自分のやりたいことをよく考えろ!」なんて言うのですが><

親に言われるがままにとりあえず進学校に入って、
友達に勧められたサークルに入って、
先生に言われた通りに単位だけは頑張って取る・・


なんていう生活をしていると、やっぱり自分の方向性は見失いやすくなってしまうんです。


これは社会に出てからも同じこと。

自分で「これがやりたいから、この職に就くんだ!」と思って働き口を決められれば良いのですが、

多くの人はとりあえず安定した職場で、ある程度の給料がもらえて、そこそこの休みを取れる職場(しかも人に勧められた場所)を選びます。

すると、働くことが目的になってしまって仕事にやりがいを感じられなかったり、仕事をやっていく上で自分の可能性を見出すことができなくなってしまうの。


そして雇われの仕事は決められた業務を、決められた時間の中でこなしていくことが多いと思いますが、

これだと頭で考える習慣がなくなるので、自分で何かを考えようとしなければ日常の変化を感じることができません。

そういった日常に流されてしまうと、本来の自分を見失ってしまうのです。


組織の中にいるだけでは、自分を見失ってしまう?

f:id:gift-mkn:20190108210650j:plain


ちなみに私が自分と向き合うキッカケになったのは、

「なつみさんは何が欲しいんですか?」
「なつみさんが一番やりたいことは何ですか?」

という、ある経営者からの問いかけでした。


当時、経営者に言われるがままに走り回っていた私は、そんなことを考えたこともありません。

凄くシンプルな質問のはずなのに、全く答えが浮かんできませんでした。

またその頃は自分でも何かしなきゃと調度思い悩んでいた時だったので、何も答えられなかった自分が悔しくて、気づけばボロボロと涙を流していました。


でもその時に涙を流しては何度も自分に問いかけながら、本当にやりたいことを探していったら、自分がHSPや隠れアスペルガーだということを知って初めて、

『繊細な人の強みを見つけること(ギフトプロデュース)を仕事にしていきたい!』と思えるようになったのです。


そして自分と向き合ってみて気づいたのですが、私は自分を知ることが凄く怖かったんですよね。

「自分には何も才能がない」
「自分のここがダメ」

それを証明されるような気がして、ずっと自分と向き合うことを避けていたんです。


でも、実際は思い込みだったんですね。

例えるのであれば、手に刺さったトゲを取るのと似ているかもしれません。


針を向けて刺さったトゲを取るなんて最初は怖いと思います。

「できれば何もしたくない」「触れないで欲しい」そんな風に思ったりもします。


でも、結局はそのトゲが刺さっているから苦しいんだっていうことを、人は潜在意識で分かっているから、取ってあげるとスッキリするんです。


これまでにセッション(ギフテッドスクール)を受けてきた方にも「自分を知るのが怖くても受けたいと思った理由は何ですか?」と聞いてみると、

「本当の自分(弱い自分も強い自分も両方)を知れば、本当の意味で強い人間になれる(変われる)と思ったから」と話されていました。

実際に「色んな角度から自分を見つめてみた時に、初めて自分を知ることができて、自分への可能性を感じることができた」ということも話されています^^


怖いのは、飛び込む瞬間だけ。

一度、自分と向き合うと決めてしまったら気持ちはうんと楽になります。


「何に対しても興味が湧かない」「好きなものが見つからない」わけがないんです!

f:id:gift-mkn:20190108210729j:plain


自分のやりたいこと、興味が湧くものが見つけられないという人は、今までの成功体験を振り返ってみると良いかもしれません。

主要5教科の成績はそこそこだったけど、美術と体育と音楽は得意だったとか、
ピアノだけは5年以上続けていたとか、
気づいたら色んな人から相談を持ちかけられていたなぁとか、
好きなフットサルは子どもの頃もやっていたけど今でも続けているとか、
教室を綺麗にしたり、生き物に餌をあげるのが私の担当だったなぁとか、、

些細なことでも良いからできたことを並べてみると、案外色んなことが出来ていたんだなぁっていうことに気がつきます。


私も久々に学生時代を振り返ってみたのですが、

そう長くは続かなくても習字、そろばん、体育教室、水泳、エレクトーン、ピアノなどやりたい習い事は何でもやらせてもらえていたり、

好きな人からの注目を浴びたい一心でやっていた学級委員、実行委員、合唱祭の指揮者の経験が活きて推薦が貰えたりして、

その結果、第一志望の進学校に合格することもできたし。笑

その後すんなり看護学校に入れたのも奇跡なんだけど、バイトに明け暮れて学校では睡眠学習、赤点6科目を採ったりしていたにも関わらず、

国家試験の発表前日にした神頼みのおかげあってか、ピッタリの点数で受かってたりして、、結構奇跡が起こりまくっていたことに気がついた。笑


勿論、経験したのは良い事ばかりじゃないので、

悪目立ちしてイジメに遭ったり、結局好きな人には振られてその後の恋愛も長続きしなかったり、受験も成績がいつもギリギリでハラハラすることばかりだったけど、

無我夢中で何かをやっていると、不思議と辛いとかこれからの将来が不安、という思いよりも「楽しい」の方が勝ってしまうんです。


そういう経験を子どもの頃だったら何も恐れずに出来ていたと思うのですが、

大人になればなるほど「良い大人なんだから」とか「上手くいかなかったら恥ずかしい」「もう年だし」なんて思ってすぐに諦めてしまう。

でもやっぱり、こういう何か夢中になれるものがあるからこそ「生きる希望」や「人としての活力」が生まれるんだと思います。


で、実際に成功体験を振り返ってみると「自分は何をすると上手くいくのか?」が見えてきたりもする。

私だったら「好きなことだけをやる」「運任せに生きてみる」「自分の直感を強く信じる」というところだと思いますが、

多分、ギフテッド(繊細な人)であれば自分の思いに正直だったり、素直な方が多いと思うので、

私のように好きなこと(楽しいこと)しかできない、できれば効率良く上手くいかせたい、という人は少なくないんじゃないかなって思います。

きっと運を味方につけて、なんだかんだ上手くいっちゃった!という経験をしている人もいるんじゃないかな。


もしそうなのであれば、その感覚に間違いはありません。

人は動物なので、本来あるべき姿ややるべきことをしっかりと理解しています。


これはやっていて辛いなとか、やっていてもつまらないなぁと感じるのであれば、それは自分には向いていないということ。


“好きこそ物の上手なれ”で、

向いていないことを一生懸命やるよりも、自分の好きなことや面白いなぁと感じることに時間をかけた方が何万倍も上手くいかせることができるんです。


「夢中になれるもの」を見つければ、自分らしさを取り戻せる?!

f:id:gift-mkn:20190108211231j:plain

 

私自身が自分を見失う経験をして分かったことがあります。


それは、お金がないことよりも、友達や家族・恋人がいなくなることよりも「自分自身や自分の生き方を見失うこと」が何よりも怖いということ。


人は自分がわからなくなると、生きている意味を感じなくなってしまいます。

生活に困っていなくても、働く職場があっても、友人・家族・恋人がいても自殺を考えてしまったり精神的に落ち込んでしまうことがあるの。


そうならないためには、自分が生きていく指針を見つける必要があります。

生きる指針とは、まさに「自分が夢中になれるもの」


これだけはやっていきたい!
考えているだけでワクワクする!!

そう思えるものがあれば、将来の不安なんて吹き飛ぶはず^^


だからまずは、今までの成功体験を振り返って紙に書き出してみましょう!

そして、それを成功させた理由を振り返ってみて。

きっと自分が思っている以上に素晴らしい能力を手にしているはずです^^⭐️





Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、ギフテッド(ここでは「繊細な人たち」を定義しています)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。

個人セッションのご予約も承り中❤️
(遠方の方はLINE電話にて対応可能)
海外、全国からもお申し込みいただいています^^



ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜


ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【オススメの本】

エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう

エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう