繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

今さら聞けない「自分がわからなくなる理由」について

f:id:gift-mkn:20190106191656j:image

あなたは人の言葉の影響力を受けすぎてしまったり、自分が本当は何をしたいのかが分からなくなってしまった経験はありますか?

このように誰かの影響を受けやすい人をHSP(極度に繊細な人)と言いますが、実はそれだけが理由ではないことがわかりました。

自分を見失ってしまう人には、ある凝り固まった習慣があったの。


自分がわからなくなるのは、誰かに依存しているからです。

f:id:gift-mkn:20190106191213j:image


多くのギフテッド(繊細な人たち)が自分を見失ってしまう理由。

それは「誰かの意見に身を任せている(誰かに依存している)」から。

何か自分の考えを持っていたとしても、人前で中々それが言えなかったりあえて言わなかったりして、誰かの意見を優先してしまうの。


実はこうして「人の意見ばかりを頼りにしている状態」が依存しているということ。

たとえそれが気遣いでやっていることだとしても、意見を誰かに求めることが習慣になってしまうと自分の考えを見失いやすくなります。


すると誰かに意見を求められても上手く応えることができなくて

私って一体何がしたいんだろう?
自分の考えていることがよくわからない・・。

というように、悩まされてしまうのです。


誰かに依存してしまう人の共通点

f:id:gift-mkn:20190106191242j:image


依存的な人の多くは恵まれた環境で育ってきた人ばかり。

HSP(極度に繊細な人)も過保護に育てられてきた方が多いのですが、

このように、ある意味恵まれた環境で育っていると「何でも人にやってもらう」ということが当たり前になってしまいます。


それは親の言うことに従わなければならなかった(従っていれば文句を言われなかった)という状況が背景にあったりするのですが、

自己主張をする必要がない環境下で育ってきた人たちは、

自己主張の仕方が分からない
自分の意見を受け入れてもらえるわけがない
自分よりも他の人の意見を優先した方がきっと良い

と思い込んで、また誰かに依存してしまうところがあります。


本当の自分を知ることができたMさんがやってきたこと

f:id:gift-mkn:20190106191253j:image


以前にセッションを受けてくれたMさんも母親の影響を強く受けていたからなのか、無意識に「母がOKを出してくれるか?」を基準に何かを選ぶ癖を持っていました。


転職したいな・・。
でもお母さんは許してくれないかもしれないから辞めよう。

この人と付き合いたいな。
お母さんは気に入ってくれるかな?まずは相談してみよう。etc

とった具合に。

そのせいなのか、人目が気になって自分の悩みを素直に話せなかったり、人の顔色を伺いながら「自分はどうしたいのか?」を話すようなところもありました。


ですが実際のところは、お母さんがどう思うか?なんて分かりません。

それが建前(Mちゃんが良くなるだろうと気を使って言っていること)なのか、本音(本当のお母さんの思い)なのかも分からなければ、

自分が相手の顔色を伺いながら何かをしてあげたとしても、相手がどう受け止めるかも分からないのです。


「そう考えると、あれこれ悩むよりも自分がどうしたいのか?が一番大事なんじゃないかなって思います。そうやって自分基準に考えれば、問題もシンプルになるし答えも見つけやすくなりますよ。」

といった話をしながら、私はMさんが本当にやりたいことに意識を向けられるようにサポートしていきました。


お母さんの意見や思いよりも、常識や社会のルールよりも、自分のことを優先してまずは考えていくということをする。

すると面白いことに「私はこれがしたい!」「これをやったらあれもできるかも!」という思いが湧いて出てきたのです!

このように他人の目、常識や社会のルール、自分が思っていた当たり前という心のブロックが外れると、人は好奇心いっぱいの状態になるの。


逆に言えば、

何もやりたくない
自分が何をやりたいのか分からない
何にも興味がない、、

と思うことがあるんだとしたら、人の目なのか、社会の枠なのか、過去のトラウマか何かしらによって、心にブロックが掛かっているということ。

そういう人は、自分の中で当たり前だと思ってやっている「当たり前ではないこと」にまずは気づく必要があります。


最後に

f:id:gift-mkn:20190106191304j:image


「自分が分からなくなるのは、病気だからなのかも・・。」そう思っている人が意外と多いのですが、これは病気だからではありません。


依存心から抜け出そうとしていないからです><


誰かの言いなりになってしまうのも、いつも誰かに意見を求めてしまうのも、誰かの意見に流されてしまうのも、すべて依存心が原因!!

だから自分で考えたり、自分の意見を持ったり、それを主張できるようになることが、自分がわからなくなってしまう人にとってはとっても重要なことなの。





Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、ギフテッド(ここでは「繊細な人たち」を定義しています)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。

個人セッションのご予約も承り中❤️
(遠方の方はLINE電話にて対応可能)
海外、全国からもお申し込みいただいています^^



ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜


ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【オススメの本】

エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう

エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフしよう