繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

騙すよりも騙される方が悪い??「絶対に手を出してはいけない」◯◯を信じる習慣

f:id:gift-mkn:20181227205731j:image
素直な人、単純な人ほど人の言うことを鵜呑みにしてしまうことは確か。

だけど騙されて、痛い思いをして、人間不信や恋愛不信になっていることを人のせいにしたり、自分の病気のせいにしている人は少なくありません。

「虐めを受けるのは、虐められる方にも原因がある」なんて言われていたりもするけれど、人に騙されるのも騙される方に原因があるんじゃないかなって、私は思います。


人に騙されやすい人は、実は人に騙されたい人。

「この人に限って人を騙すことはない(そうであって欲しい)」という執念は、自分の優れた直感でさえも鈍らせてしまう恐ろしいものだったの。

人に騙されやすい自分をどうにかしたい・・。

f:id:gift-mkn:20180920181801j:plain

素直な人、真面目な人、ギフテッド(繊細人)にはそんな人が多いと思いますが、このような人ほど簡単に人に騙されやすかったりします。



長所と短所って結局は同じものだから、短所を改善したり、長所だけにしていくってことはできない。

こうやって人に騙されやすいというのも、ある種の体質的なもの。

だから、素直すぎる人が辛い恋愛を自分から選んでいたり、癖のある人に騙されたり、振り回されるのは仕方のないことなのです。


でも、そういう恋愛を経験して「なんで私ばっかりこんなに辛い恋愛をしなければならないんだろう?」って本気で考えた時に、やっと本当の答えが見えてきます。

そう。素直に人に騙されたり、振り回されたり利用されてしまう人にとっては「自分は騙されやすい人間なんだ」と自覚することがとっても大事なことだったの。


例えば、オレオレ詐欺によく引っかかる人が良い例かもしれません。

「ウチの子は良い子だから親を頼るなんてことはしない!」
「私はしっかりしているから、オレオレ詐欺になんて絶対に引っかからない!」

そう思っている人ほど、オレオレ詐欺の被害を受けているのだそう。


いわゆる「過信」というやつです。

「私に限って、こんなことにはならない!」という謎な自信によって、足元をすくわれてしまう人は少なくありません。


「素直さ」の他にもある、人に騙されやすい人の共通点

f:id:gift-mkn:20180624185747j:plain


ギフテッドが素直で人に騙されやすい理由。

それは自分の気持ちに正直なために、

「まさかこの人は人を騙すような人じゃないだろう」
「この人は癖があるだけで、きっと良い人に違いない(良い人であって欲しい)」

という思い込みを持っているからでもあるの。


これはオレオレ詐欺師の話ともリンクする内容なのですが、

自分に自信が持てなかったり、自分の感覚に確信が持てないでいると、ちょっとした「違和感」に気付くことが出来ずに相手の言う事を鵜呑みにしてしまうのです。


自分の直感を信じれないと人はこうなる・・!!

f:id:gift-mkn:20180610150228j:plain


素直なのは良いことですが、素直すぎて人の言うことを何もかも鵜呑みにしてしまうのは良いことではありません。

私たちギフテッドのように素直な人がいれば、悪知恵を使って上手く素直な人たちを利用しようとする人もいます。


普通の人には本当に驚かれる感覚だと思うのですが、

ギフテッドは「みんな良い人。だって人間だもの。」と言わんばかりに人を信じ切って生きてきている。

たとえ裏切られたり騙されるようなことがあったとしても、その状況を上手く飲み込むことができずに自分の願望ばかりを信じようとしてしまうのです。


だから自分を振り回したり、利用したりするようなダメ男・ダメ女と分かっていてもそういう人と付き合う道を選んだり、

「今がチャンス!こんなに最先端を行くビジネスはありません!!」って一生懸命語られたら「そんなに言うんだったら・・。」なんて上手そうな話に簡単に乗せられるし、

「何か悩んでるでしょ??」と、しめしめと思いながらネガティブな言葉を吹き込んで不安な気持ちを掻き立てるようなインチキ占い師に引っかかってしまうのよね。



・・この話、何となく心当たりがありませんか?笑


これが自分以外の誰かの話であったり、自分の話でも一旦冷静になればおかしな事だって気付けるのだけど、

冷静な目(客観的に眺める目)を持たないでいると、その「違和感」に気付く事ができないんです。

 


大事なのは「自分の直感を信じきること」?!

f:id:gift-mkn:20180404162222j:plain


対人恐怖症、恋愛不信、人間不信に陥る人のほとんどは、自分の直感というものをほとんど信じることがありません。


おまけに自分に自信がないから

「こんな考えよりも相手の言うことの方が正しいだろう」
「自分が何を言ったってどうせ聞いてくれない。自分の感覚も幻なのかも。」

そんなことを考えて、気づいた頃には相手の言いなりになってしまうの。


「自分に自信が持てません」という相談を受けると、殆どの人が他人に意見を委ねる癖を持っていたり、依存傾向が強い人だったりします。


親子、兄弟間で共依存の関係にある人は無意識に人に意見を委ねたり、頼ったりする癖がついていたりして、

家庭環境が恵まれている人ほど(温室育ちな分)対人関係を築くのが苦手だったり、恋愛が下手くそだったりするの。笑


だからこういう人が人を頼り過ぎたり、依存しないためには、その反対の自立心を持つことを目指さなくてはいけません。

何かを選ぶのも自分、決めるのも自分。
上手くいかないことがあっても自分事として考えながら解決していく。

これがとっても重要なことなんです。


そうやって小さな成功体験を重ねていくことで、自分の感覚に自信を持つことができます。

人間不信から「どうすれば人を好きになれるか?」を考えるよりも、断然手っ取り早い解決策なんじゃないかなって思います。




 

 

Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、ギフテッド(ここでは「繊細な人たち」を定義しています)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています。(遠方の方はLINE電話にて対応可能です^^)




゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【オススメの本】

北川悦吏子さんの本は、どれも映画やドラマを観ているような感覚になる。
それぐらい繊細に描かれている物語ばかりなんです。

今ハマっているのはLOVE STORY。勝手に涙が溢れてきて止まらない。

LOVE STORY (角川文庫)

LOVE STORY (角川文庫)

 
運命に、似た恋 (文春文庫)

運命に、似た恋 (文春文庫)