繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

障害、病気持ちでも大丈夫!!今からできる「弱い自分を受け入れる方法」

f:id:gift-mkn:20181225171107j:plain

“一生懸命仕事しているのに空回りやミスばかり。それなのに適当に仕事をしている人や理不尽なことを平気でする人ばかりが評価されているってどういうこと?!”

そんな苦い経験をしているギフテッド(繊細人)も、少なくないのではないでしょうか。

私もその一人で、一生懸命頑張っているのに報われないし、空回ってばかりで「仕事の覚えが悪い人」「仕事ができない人」と思われる経験ばかりしては、

「悔しい」「相手を見返してやりたい・・。」そんな思いを密かに抱くこともありました。

そして仕事をやっても上手くいかない、空回りする自分とトコトン向き合うようになってあることに気がつきました。

今回はその気づきを元に弱い自分を受け入れることの大切さや、弱い自分を受け入れる方法についてお伝えしていきたいなと思います。

ギフテッド(繊細人)は器用貧乏な人ばかり??

f:id:gift-mkn:20181225161201j:plain


「この人ギフテッドっぽいなぁ〜」と思う人を見てみると、器用貧乏な人ばかり。

勿論私もその器用貧乏な人の一人なのですが、

こういう人はあまりに真面目で嘘をつけない人だから、周りの人がパッと言ったことを何でもすぐに真に受けてしまうの。

だから目の前の仕事に集中したい時に限ってあれこれ仕事を任せられると、急にパニック状態になって何の仕事も手につけられなくなってしまったり、

ミスを繰り返して上司に怒られる、なんて経験もしています。

多分、大人の発達障害と言われる人やアスペルガーADHD自閉症などの診断を受けた人、HSP(繊細すぎる人)は心当たりがある人もいるんじゃないかな。

真面目に生きているのになぜ怒られるのか、人に迷惑をかけてしまうのか分からずに戸惑ってきた人も多いと思います。本当に悔しいですよね。


だけど、これが私たちギフテッドの定め。

純粋無垢で、本能に忠実な人ほど器用貧乏になってしまうのは仕方のないことなんです。


ただ私は「こんな自分には負けたくない!」とその一心で、どうすれば弱い自分を受け入れることができるのか?を考え続けてきました。
(だって、悔しいじゃないですか。こんなに一生懸命に生きているのに、周りの人には「要領が悪い」「仕事が出来ない奴」って思われるんですよ><)

だから、私なりにギフテッドの弱い部分、繊細さと向き合っていく方法を見つけてきたの。

このブログの中では、その方法をいくつかご紹介していきたいなと思います。


繊細人には色々なタイプの人がいる?!

f:id:gift-mkn:20181225162337j:plain


私が書いているブログでは「ギフテッド」という風に繊細な人を一括りにしてお話することが多いのですが、

ギフテッドにも本当にさまざまなタイプの人がいるので「この話はめちゃくちゃ分かる!」と思うものもあれば「これはちょっと違うな」と思うものもあるかもしれません。


これはあくまで私自身の経験からくる統計学から出したものですが、

内向型なのか外向型なのか、左脳派(男性的)なのか右脳派(女性的)なのか、という部分からある程度ギフテッドのタイプが浮かび上がってくるということが分かり

『▶︎ギフテッド診断(タイプ別診断)』というものを編み出しました。
(有難いことに1000名以上の方が受けてくださっています^^)

勿論、血液型診断のようにザックリとした診断になるので「めちゃくちゃ当てはまる!!」と思うものもあれば「全然ピンとこない」もあると思います。

ですが、その中で自分がどんなタイプなのかを知ることができれば「自分の長所を伸ばした生き方」を目指せるようになるの。


例えば、頭は左脳派でコミュニケーションが苦手なのに人と関わる仕事をしていれば、

上手く仕事の内容が飲み込めなかったり、空回りやミスを繰り返したりして、仕事が出来ない人と思われてしまうことがあります。

また頭脳明晰な本来の才能を活かす場所が無ければ「ただの変わっている人」「関わりにくい人」というイメージを持たれてしまったりする。


実は私もアルバイトや看護師をやっていた頃は、自分の繊細さや内向型なタイプだと知らなかったがために空回りばかりしていました。

本当は人当たりが良かったり、仕事の飲み込みも早いはずなのに、

周りに急かされたり、忙しい職場で働くストレスで一杯一杯になって「仕事の出来ない人」「ミスが多い人」というレッテルを貼られてしまったの。


だけど自分をよく理解している今なら、いくらでも仕事をこなせると断言できます。

勿論、自分にとって向いていない仕事や向かない環境はあると思いますが、少なくともここで働こうと決めたところでは自分の良さを打ち出していく自信があるの。


それは紛れもなく、自分の弱い部分と同時に自分の強み(才能)を知ることができたから。

そう考えると弱い自分を克服するには、自分をよく知ることは必須だと思うのです。


違いを受け入れることが成長への第一歩!!

f:id:gift-mkn:20181225164412j:plain

繊細さ。って、凄く曖昧な言葉ですよね、正直。私は長い間いじめられたり人間関係が続かなかったり、弾かれる事に恐怖心をもっていましたし、共感してくれる人がいても「たぶん、分かってないだろうな」と感じながら生きて来ました。他人は適当に何かをしていても自分は逆に怒られる、何故だと。

 このように悩まれている方はHSP(繊細すぎる人)には特に多いと思います。


“この人頷いて聞いてるけど、全然私の気持ち分かってない。”

こんな風に、相手の反応を見れば、それが本心なのか、それとも建前なのかがすぐに分かってしまうんです。


ここまで相手の考えていることが分かってしまうと、本当に辛いですよね。

他の人は考えすぎだとか「被害妄想」だなんて言ってきたりもするけれど、思い込みではなく本当にそうだから悩んでしまうのです。

これについては私も悩み続けてきたので、彼女の気持ちがよくわかります。

ちなみにこの悩みに対しては、このようにお答えしました。

共感している人を見ても「分かっていないだろうな」って気づいてしまうのも繊細人なんですよね。その経験私も未だにあります。
そんな時は「こういう人種もいるんだな」と、本当に別世界の人だと思って見るようにしています。笑
繊細な人が傷ついたり悲しくなるのは「自分を分かってくれない(本当は分かってもらいたいのに)」があるからなんです。そもそも違う人種であれば、分かち合えないこともある。そう思えたら気持ちが楽になるはずですよ^^


人は似たような考えや価値観を持っている人はいても、自分と同じ人間はこの世に存在しません。

どんなに自分を理解してもらおうとしたり、相手を理解しようと思っても限界があります。

だから「誰かを理解できない」とか「自分を理解してもらえない」と悩み続けることこそが、実は不毛な闘いなの。


だから私の場合、この方に返したコメントにもあるように「そもそも違う人種」として人を見るようにしています。

自分が日本人ならば、相手がマサイ族だというくらい、違う人種として見てみる。

そういう風にして人を見てみると、不思議とイライラしたり悲しい気持ちにはならなくなるんです。


例えばマサイ族が棒を持って生活していることに対してあーだこーだ言ったり、「なんで私たちと同じ生活をしないのか意味がわからない!」なんて悩みませんよね?笑

そこにあるのは文化と価値観の違いだけ。

それ以上に踏み込んでいって、相手を干渉することってないと思うんです。


そう、つまりは、

「なんで私のこと分かってくれないの?!」
「この人のこと理解できない!(頭にくる!信じられない!!)」

という思いが出てくるってことは、人に干渉してしまっているということなの。


ここで大事なのは「そもそも分かり合えないものも存在する」ということを、理解すること。

これについて深く理解することができれば、他の人にどう思われていようが、自分が人と違っていようがそれほど気にならなくなります。




先ほどお伝えしていた「ギフテッド診断」はこちらから受けられます!

▶︎ギフテッド診断


こちらのメール講座はワーク付き。
実践的に学べるとご好評いただいております^^⭐️

▶︎【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)



個人セッションも、各種承っています^^
▶︎https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11875

※特別価格のセッションもありますが、来年以降は価格を変更する可能性もあります。
ご希望の方はお早めに!!




Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、ギフテッド(ここでは「繊細な人たち」を定義しています)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています。(遠方の方はLINE電話にて対応可能です^^)




゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【オススメの本】

北川悦吏子さんの本は、どれも映画やドラマを観ているような感覚になる。
それぐらい繊細に描かれている物語ばかりなんです。

今ハマっているのはLOVE STORY。勝手に涙が溢れてきて止まらない。

LOVE STORY (角川文庫)

LOVE STORY (角川文庫)

 
運命に、似た恋 (文春文庫)

運命に、似た恋 (文春文庫)

 
半分、青い。 上 (文春文庫)

半分、青い。 上 (文春文庫)

 
半分、青い。 下 (文春文庫)

半分、青い。 下 (文春文庫)