繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

【行動できない理由、知ってる??】わかっているけどできない病の治し方

f:id:gift-mkn:20181201162249j:plain


サクサク仕事をこなしている人を見ると「羨ましいなぁ〜」とか「私はまだまだだ・・。」と思ってしまうことって、ありませんか??


頭ではわかっているけど動けない理由は、モチベーションが低いからだとか、その人がダメ人間だからではありません。


繊細な人の中にいる「頭の中ばかりが忙しないタイプ」は、頭ではやりたいことが浮かんでいても、人に頼むのが苦手な自閉傾向を同時に持っていたりします。

周りの人の気持ちや反応ばかりが気になってしまって、人に任せることができないから結局は全て自分でやろうとするんです。


何か一つのことに集中できれば自分一人でもコツコツこなすことができるのですが、好奇心旺盛なこのタイプは色んなことに手をつけようとする。

結局やることが一つじゃないし、それを人に任せることができないから、どうしても時間がかかってしまうんですよね。


仕事効率が悪いの、何とかしたい!!

f:id:gift-mkn:20181201162431j:plain


多動的な人には色んなタイプの人がいます。

頭の中が常に忙しない人、じっとしてられずに動いていたい人もいれば、その両方を持った人もいる。

頭と身体がどちらも忙しない人は、前回のブログでお伝えしたように「誰か」を使って何かをこなすのができるタイプでもあるのですが、

 
頭の中だけが忙しいHSP(極度に繊細な人)にとっては、それが中々上手くいきません。


その理由は、周りの反応を敏感に感じ取ってしまうから。

HSPの繊細度が高ければ高いほど周りの影響を受けやすく、人と関わる時間が多ければ多いほどすぐに疲れてしまう。

ADHDのように頭の中が多動的でありながら、自閉症のような繊細さを持っているから周りの人のようにすぐにやりたいことができないの。


「大人の発達障害」と言われる人たちにも、その気があるように思います。

仕事の飲み込みが遅いとか、容量が悪いと言われてしまうのは、人よりも繊細で敏感だからなんですよね。


仕事に没頭できる彼氏が羨ましかった。

f:id:gift-mkn:20181201162743j:plain

私の彼氏は同じHSPでもアスペルガーの要素が強い人。

視野が狭い分、何かこだわりを持って始めたことにはトコトン。

融通を利かせるのが難しかったり、新しい情報を取り込むのが苦手な人でもあるのだけど、

夢中になれるものを見つけると、どこまでも追い続けることができるのがこのタイプなんです。


お金を稼ぐのが好きな彼は、仕事に対する熱意も尋常じゃありません。

(私の知る限り)浮気をしない分、仕事が恋人みたいなところもあるのですが(笑)

自分の好きな投資を仕事にしているから、私とは比べものにならないくらいにお金を稼いでいるようです。


そんな彼の仕事振りを見ると、

自分の仕事に対する意識の低さが浮き彫りになるような気がして、自分に嫌気が差すこともあったのですが(しかも料理や家事は毎日するという完璧人間)、

彼と向き合っていくうちに自分にピッタリの働き方を考えるようにもなりました。


好奇心旺盛ならば、やりたいことだけやればいいんじゃない?!

f:id:gift-mkn:20181201163754j:plain


彼と付き合っていくうちに、私はあることに気づかされました。

それは「彼はお金を稼いだり仕事をするのが好きなタイプだけど、私は仕事と同じようにプライベートも大切にしたいタイプだった」ということ。


もちろん元々は仕事が大好きだから、家事やお洒落を後回しにしてしまうくらいに夢中になってしまうのだけど、

そうなると本来の女性としての喜び(家事やお料理を楽しんだり、ゆっくりくつろいだり、お洒落をする楽しみなど)を感じることができなくなります。

そういうやり方なら、確かに早い段階で沢山稼ぐスキルを身につけることができるかもしれませんが、これは私にとっての働き方や生き方ではないな、って思ったんですよね。



私にとっての理想の働き方は「家事や恋愛、趣味や楽しいことを充実させながら働く」というもの。


「仕事は仕事」と、仕事をする時間をたっぷり設けているわけではないから、何か物足りないような気持ちもあったりするのだけど、

それ以上に仕事を根詰めてしまうと、私みたいな省エネ系はすぐに疲れ切ってしまう。

だから、本来の元気な自分でいるためには、程々に仕事をするくらいが調度良いんです。



コツコツ仕事をして実績を重ねてきている人からしたら、だいぶ怠けているように見えることもあると思うし、

「そんな楽して仕事が成り立つなら、みんなやってる」って思われたりすることもあるかもしれない。

でも、HSPの中でも特に超繊細な省エネ系ギフテッドは、自分のエネルギーを上手く配分していくしかないの。


そんな私を見て彼が「なんで一つのことを淡々とこなすことができないの?」と、それとなく聞いてきたことがあるんだけど、

「色んなことに興味を示して動いていく中で発見していくものもあるんだよ。」

と私は答えていました。



縦の糸が貴方〜♪横の糸が私〜♪

↑この歌詞のように、人には色んなタイプがあって、それぞれの役割があると思うの。

自分のできない部分を補ってくれる人と同じように、自分も誰かのできない部分を補えるようにできている。


あれもこれもやりたくて、一つのことに集中できない。
やる気があるうちにできれば良いけど、すぐに疲れちゃう。


そう思うと、自分ばかりが遠回りしているように思えるかもしれませんが、

遠回りしてみないと分からないこともあるし、時間をかけて見つけたことに対する感動はすぐに見つけたときよりも遥かに大きいし、

楽したり楽しいことがないと仕事ができないし、充電もすぐに切れる(疲れやすい)タイプなのであれば、そんなマイペースな自分を楽しめば良いんじゃないかな。


誰かと同じになる必要はない。

自分の好きな過ごし方を仕事スタイルにしてしまえば「私ばかりが楽してズルい」なんていう思い込みは気にならなくなるはずです。




Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、ギフテッド(ここでは「繊細な人たち」を定義しています)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています。(遠方の方はLINE電話にて対応可能^^)今すぐご予約したい方は▼こちらから



【参考図書】

 ▼本屋さんで立ち読みした時に「隠れアスペルガーって、私じゃん!!」てビックリして即買いしたのを、今でも覚えてる。アスペルガーって病気でも何でもないじゃん、って思うと同時に、繊細人の真実を伝えていきたいと思ったのもこの本を読んだのがキッカケ。

隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)

隠れアスペルガーという才能 (ベスト新書)

 

 ▼これを読んだらユングHSPなんじゃないかって思った。HSPにとってはアドラーよりもユングの心理学がしっくりくるんじゃないかな。

▼精神医療に対する考え方が大きく変わること間違いなし!「薬を飲むのが当たり前」という考え方も、今後なくなるかもしれません・・。

大笑い!精神医学

大笑い!精神医学

 

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)