繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

ADHDの「多動」という才能〜自己中で無責任な人に向いている仕事について〜

f:id:gift-mkn:20181129124336j:plain

「自分では何もできないから、いつも人に任せちゃってるんだよね。」


彼女が言った何気ない一言に、これって凄いことだな、と改めて思いました。


面倒臭い、自分ではできない(やりたくない)という気持ちが強い人は「人に何かを任せる」という能力を同時に持っています。


時には「怠けている」「アナタだけ楽していてズルい」なんて言われることもあると思うけど、

それは人を頼ることができない人からしたら、喉から手が出るほど羨ましい話でもあるからなの。


物臭でだらし無いと思う性格でも、そこに目を向ければ素晴らしい才能になる。

実は人から羨ましがられる「経営者」「社長」に向いている人も、このようなタイプが多いんです。



キチガイ」「空気が読めない(KY)」という人の本質f:id:gift-mkn:20181129155115j:plain

ギフテッド(繊細人)のように、人と違った感性や考え方を持っている人は、

普通の感覚を持った人からしたらキチガイ「空気が読めない(KY)人」と言われることが多い。

世で言うADHDのような多動的で忘れっぽい気質の人は、得意・不得意が明確なため(凸凹障害とも言われる)、特に「変わった人」と思われる傾向にあります。


私がコールセンターで働いていた時も、電話をとるのが得意な人ほど、このようなタイプの人でした。

特にMさんという人に関しては、普段遅刻したり、電話とるのをサボって時間稼ぎをしていたり、クレームを平気で言ったりするところを見てきたから、

てっきり仕事ができない人なんだと思い込んでいたんだけど(笑)

実際は保留を押さずに仕事がこなせちゃう人で、普通なら1時間に4本取るような電話を、毎時間10本取ってしまうというのだから驚き!!


電話の仕事をやってみて気づいたんだけど、この仕事は多動な人ほど向いている仕事でもありました。

ADHDのように頭の回転が速くて、常に動き続けることができるし、機転も利く。

ネガティブな側面から見ると信頼関係を築くのが下手クソだったり、感覚的でシンプルな会話が相手に誤解を与えたりして、人に理解されがたいところもあるのだけど、

本質を捉えるのが得意だから仕事の容量が良い人が多いの。


Mさんもそうですが、こういう人は経営者や社長などの管理職に向いているタイプでもあります。

誰かの下に立って仕事をするのが苦手というプライドの高さやこだわりが強い反面、

人に仕事を振り分けたり、会社の全体を管理したり、際限なく動き回ることが得意だったりする。

ちょっとクセのある尖った性格であったとしても、人と違った視点があるからこそビジネスに必要なアイデアが生み出せるのです。

 


メンヘラ気質を理解するのが鍵?!

f:id:gift-mkn:20181129155730j:plain


何かと人に任せっぱなし。
なんて自分は甘ったれなんだろう・・。

このように「人に役割を与えることができる」という才能をよそに自分のネガティブな面にばかり目を向けていると、その素晴らしい才能に気づくことができません。


確かにいつでも人任せでいるようでは、周りの人が困ってしまうこともあるかもしれません。

人に何かを任せてばかりで注意を受けた経験がある人なんかは、

「人に迷惑をかけてはいけないもの」「まずは自分でやらないといけない」と、長年のエゴ(思い込み)が刷り込まれているものだったりします。


こういったエゴ(思い込み)があると、それが自分の才能であったとしても抑え込もうとする思考が働くようになってしまいます。


本来はその尖った性格(性質)こそが自分だけにしかない才能の種だったりするのですが、それを「毒」だと思い込んでいると、

どんどん周りに合わせて丸くなろうとしてしまうの。


(これまでの学校教育を振り返ると、尖った性格を丸くするような教育を沢山受けてきたようにも思うのですが・・。)

自分の好きなことを仕事にしていったり、自分の才能を上手く活かしていくためには、尖った才能に磨きをかけてていくしかないの。


また、繊細な人はとっても心がナイーブだから、普通の人に比べると実はとっても傷つきやすい。

ADHDのようなのギフテッドたちには、プライドが高かったり、強がってしまう反面、

一度泥沼に引きずり込まれてしまうと抜け出せなくなるほど、気持ちが落ち込んでしまうこともあるの。


落ち込んでもすぐに立ち直るためには、自分がナイーブで落ち込みやすいということを理解しながら、常に自分の心に目を向けて無理をしすぎないことが大切です。


仕事ができる経営者の特徴

f:id:gift-mkn:20181129160333j:plain


仕事ができる経営者は、とにかく頭の中が忙しない。

休む間もなく、今日のタスク、会社の動き、社会の動き(世の中に溢れている情報)などに目がいって、やりたいことも無限に広がっていきます。



やりたいことはあるけど、身体一つじゃ足りないなぁ・・。



そうか!自分の身体だけで足りないのなら、人の身体を使えば良いのか!!


これが経営者の思考です。

きっとそれ以外の人なら、そこまで頭の中が忙しなく働き続けることもないだろうし、

やりたいことがあれもこれもすぐに浮かんでくるわけではないので、その必要はないのかもしれません。


これは発想力や想像力が豊かで頭の回転が速い人にしかできない、独特な才能の活かし方だなって思います。



ただ、自分に自信がなかったり、それが才能だと受け入れられなかったりすると、上手くその能力を発揮することができません。


自分に自信を持つということは、自分の感覚を信じるということ。

それがたとえ、人とは違った感覚であったとしても、自分が感じているのであれば、その感覚に間違いはありません。





⭐️⭐️期間限定☆プレミアムキャンペーンのお知らせ⭐️⭐️

【限定キャンペーン】と記載されたセッションをお申込みの方に、セッション時間をプラス15分と、次元上昇カードをプレゼントいたします^^

こちらは通常のセッションより最大8000円以上もお得❤️

自分に適した仕事が知りたい、繊細人(ギフテッド)の本質を知りたいという方はご活用くださいませ⭐️⭐️


お申し込みの期限は明日(11/30)まで!!
▶︎ https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11875


f:id:gift-mkn:20181129162412j:plain




Follow me❤️❤️ 
FacebookTwitterInstagram       

 

f:id:gift-mkn:20181011172845j:plain 

Natsumi  Gift producer  
隠れアスペルガーHSPという視点から「繊細さ」の活かし方をブログに綴ったり、繊細な人たち(ギフテッド)を対象に、自分だけにしかない才能を引き出すセッション「Mentership-潜在意識覚醒プログラム-」を実施しています。全国各地、海外からもご予約多数。遠方の方はLINE電話にて対応しています。
不安な気持ちから抜け出せない、自分に自信が持てない、本当の自分を知りたいなど御座いましたら▶︎こちらよりご予約下さい。




゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事はこちらから
▶︎【ギフテッドとは??】隠れアスペルガー“ギフテッド”の特徴(まとめ付き)