繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

【驚愕】アスペルガー、ADHDは薬で治せないという事実

f:id:gift-mkn:20171218182539j:plain


あなたは身体的・精神的に何かしらの症状が現れたとき
どのような方法で解決していますか?

きっと多くの人が対症療法、食事、運動療法よりも先に
病院に通って治療をしたり、出された薬を服用して治すことを
考えるかもしれません。


でも実は病気って「薬では治らない」


その裏づけについては「大笑い!精神医学」の著者
内海聡さんが本の中でもハッキリとお伝えしていますが、

薬では治らないことにも、薬がなくならないことにも
明確な理由があるんです。


ここではその事実の裏側と薬以外の解決方法についてを
お伝えしていきたいなと思います。


うつ病患者はなぜ向精神薬に振り回されるのか?

f:id:gift-mkn:20171218182836j:plain


これはうつ病患者に限らずですが
病気だと診断されている多くの人が
薬に振り回されたり、副作用の症状に悩まされていたりします。


その理由は、症状が「一時的」にしか改善されないから。


▶︎大笑い!精神医学という本にも
「一時的に症状を改善するものとして精神薬が使われている」
といったことが書かれてありますが、

症状はあくまで「一時的に」しか改善されないために
症状が出る度に薬を飲み続けなければならなくなるのです。


また、薬によっては離脱症状が起こるものもあるため
再度現れたその症状に悩まされる人も少なくありません。


患者が「薬を服用しなければならない」と
薬に頼る生活から抜け出せないのは、このような理由があるからなんです。


精神病院の役割

f:id:gift-mkn:20171218183212j:plain


イタリアには精神病院がないことに関しては
前回のブログでもお話しましたが、


日本や他の国では病院ビジネスが展開されていくばかりで
精神病院が無くなる気配がありません。

無くなるどころか、病気を治す方法が解明されていないのに
「“一時的に”症状が改善したから」と
精神薬が処方されている、というのが現状です。


国立精神神経医療研究センターのHPにも

たとえば、知能検査や記憶力検査、脳血流検査、ストレスホルモン検査の他、性格検査なども受けていただき、こころの病と脳内の物質や遺伝子などとの関係などについて調べています。 それらの検査結果を詳しく調べて、病気を解明し、よりよい治療法を開発することをめざしています。

 といった記載がありますが、

このように病気が解明されていないうちから
“一時的に”効果が見られた薬が処方されています。


私がギフテッドという繊細な人たち(発達・精神障害を持つ人も含む)に対して
心のバランスの取り方をお伝えしているという話をしても
時々「胡散臭い」と言われたり「それは医者がすることだろう?」
と言われることがあるけれど、

これも私からしたら、未だ解明されていない病気に対して
処方された薬を飲む方が身体に毒なんじゃないかなって思うんです。


だから即効性はないかもしれないけれど
長期的に見たら身体に良い方法で、かつ
病院に通ったり薬を飲んだりせずに治す方法を
相談者の方には提案していきたいんです。


▶︎3日食べなきゃ、7割治るそうですが、
「心の病気」と言われているものだって薬なしでも治すことはできます。

実際に心療内科に通っていた相談者の方でも
私のセッションを受けながら食事や生活習慣を変え
オーガニックなど身体に良いものを取り入れることによって
薬や病院に頼らなくても心の病が改善された方がいらっしゃいます。


心や身体の病を治す方法は
なにも病院や薬が全てではないということ。


だから「病気=病院(薬)で治すもの」という考え方を
一旦置いといて、食事や運動、生活習慣で改善できないか?
改善策の選択肢を増やしていくことも必要なんじゃないかなって思います。


精神病を治す選択肢は2つ

f:id:gift-mkn:20171218184243j:plain

まとめるとすれば、
精神病を治す方法は2つに1つ。

「薬で一時的に症状を無くす」ことを
繰り返しながら薬を飲み続けるか

現在の症状と向き合いながら原因を探り
薬を使わない対症療法によっって自然治癒を促すかです。


勿論、選択肢は色々ですから
「絶対に薬を飲むな!」とは言いません。

「どうしても辛い」「この薬を飲むと楽になる」
と思うものがあれば飲んでも良いんじゃないかなって思います。


ですが、あまり長期で薬を使うことはオススメできません。

それは先ほどもお伝えしたように
薬の離脱症状や副作用によって
悩まされるリスクがあるからでもあります。


だから、薬を使うのなら断然短期使用の方が良い。

そしてその変わりに、今ある症状と
とことん向き合うことをオススメします。


私が実際にやっている心のバランスを整える方法の一つは
「自分自身のネガティブな感情と向き合う」というもの。

イライラ、ソワソワ、悲しみ、辛さ、不安感、不快感など
ネガティブな感情が湧いた頃を振り返り
「何が原因だと思うのか?」を振り返るのです。


ここでの重要なポイントは
「原因」を振り返るのではなく
「何が原因だと思うのか?」を振り返るということ。

結局何かの問題の原因なんて
それを体験した人の主観の中にしかありません。


つまり、その体験をした
「本人の何かしらの思い込み」が問題の原因だということ。

だから、本人が「これだ!これに違いない!」と
ピッタリくる答えが見つかるまで
私はひたすら質問をしていき、本人には自問自答してもらうのです。


そうすると不思議なことに、その答えが見つかった瞬間に
気持ちがスゥーッと楽になって悩みが悩みじゃなくなってしまうんです。

しかも、自身の体験を元に
自分の心と向き合う方法を同時に伝えていくから
次何か悩むことがあったとしても
自分で向き合って自然と解決することが出来てしまうの。


このように自問自答を促しながら
問題を解決する方法は心理学者のカール・ユング
実際に実践してきたことでもあります。

ちなみに私はチャネリングという
自身に降ってきたインスピレーションを元に
質問をしながら問題解決へと導いていきますが、

瞬時に悩みがなくなった方や体調に改善が見られた方、
退職や転職、自営業という新しい職種に踏み切った方や
パートナーとの関係が改善したなど
薬を服用する以上の効果が見られています。


「思考は現実化する」のであれば
「思考の癖を改善すれば新たな現実を呼び寄せられる」ということ。

だから私はこの考え方を元に
思考の癖を知り、それを改善することに力を注いでいるというわけです。



* * *


そうそう話は変わりますが・・


今まで「微乳」だとか
「チッパイ(小さいおっぱい)」と言われていた
私のお胸が最近急成長しまして

この前下着屋さんで見てもらったら
なんと、2カップUP!!笑

 

f:id:gift-mkn:20171218185117j:plain
(写真はネットからお借りしています。←自分のじゃないw)

今までは女として見られたくないという思い込みで
自分の性を否定して男らしい振る舞いばかりをしていましたが、

女という自分をなぜ否定していたのか?を
男性を完全に受け入れることができないのか?を
自問自答するようになったら

・嫉妬心を買うことに対する恐怖心
・自信のなさ
・胸が小さいなど自分の性を否定されたことへのショック 

といった原因が浮かび上がってきた瞬間に、


「あぁ、私はこんなに傷ついていたんだ。
今まで気づいてあげられなくてごめんね。。」

という思いが溢れてきて、気づけば涙を流していたんです。


その気づきがあったおかげで私の思考癖が改善されまして
それからというもの女磨きがとっても楽しくなりました。

今までに自分に自信が全く持てなかったのが、本当に嘘のよう。。


勿論、今でも自分に自信が持てなくなることもありますが、
それは一時的なものなのでそんなに問題だとは思っていません。

それよりも、女に磨きをかける楽しさを知ってから
ドキドキワクワクする機会も増えて
シェイプアップに励むようにもなったんです。


きっと2カップもカップUPしたのは
漫画を読んでトキメク機会が増えて
シェイプアップのためにプロテイン(大豆入り)を飲んだり
早めに寝ることで成長ホルモンの生成が促進されたからなんだと思う。

f:id:gift-mkn:20171218185551j:plain


つまり心の持ち方次第で
どんな変化も期待できるんだってこと!!

何に関してもそうですが
やっぱりどう受け止めるかって、とっても大事なんだなって思います。

 

※ちなみに女性の胸の成長期は50代まで続くそうです。豆乳は特にオススメ❤️笑


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています!!

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ^^



セッションメニュー、詳細を知りたい方は↓こちら。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから