繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

自己主張が苦手なのは「敏感」ばかりが原因ではない?!自分の思いを主張する意外な方法とは

f:id:gift-mkn:20171110192404j:plain


思った事が言えない人は
自分の意志(考え)がないように思われがちだけど
本当はそうじゃない。


言いたいけど言えない事情があったり
言いたいことを我慢する「我慢癖」があるから言えないのです。


HSP(繊細すぎる人)であれば
言いたいことが言えない状況があっても仕方がないのだけど

それを通り越して我慢癖ができてしまっているのなら
その癖を改善する必要があります。


今回は無意識に作ってしまった我慢癖を
どう手放していけば良いのか?というお話。


どうでもいい人という扱いを受ける人の共通点

f:id:gift-mkn:20171110192513j:plain


人にどうでもいい人だという扱いを受ける人は
自分の本音を上手く伝えることができません。


それは、人に嫌われることを極度に恐れているからでもあります。


私も自分がHSP(極度に繊細な人)だと気づくまでは
人を怒らせたり困らせたりすることを必要以上に恐れて
自分の本当の想いを伝えられずにいました。


その代わりに人に合わせることも多くて、選択権はいつも他人にある状態。

いつも自分で決めているわけじゃないから
気づけば不満ばかりが心の中を渦巻いていて、

何かが上手くいかない度に
「自分は悪くない」と他人を責めてばかりいました。


だけど、こうやって何に関しても
「どうでもいい」と思っていたからこそ
自分も同じ扱いを受けていたということを知りました。


自分が選択すること(もの)に無責任な人ほど
「どうでもいい人」になってしまっていたのです。


なぜ人は優しさ通り超して、ただの良い人になってしまうのか?

f:id:gift-mkn:20171110193039j:plain


極度に繊細な人は、人の想いを良くも悪くも感じ取ってしまうため
他人の意見を優先して物事を考えたり、遠慮する癖がついています。

また、敏感な人だからこそ傷つきやすいため
自分が傷つかないように、嫌われないようにと
自分の想いを押し殺してしまうことが多い為に、自分軸を失ってしまうのです。


このような人たちは、周りの人から
「自分の考えを持っていない」と思われることもあるから
自分には何の軸もないのだと思ってしまうこともあるかもしれないけれど、

実際はそうではありません。


必ずその人には「自分だけの軸」というものが存在します。


価値観の違いというのが、自分軸の違いの表れ。

その人によって物事の見方や捉え方、考え方が違うのは
価値観が人によって違うからなんです。


だから、その価値観を探求していけば
それは自分だけの軸になる。


大事なのは、人に合わせ過ぎて自分軸を見失わないことです。


常に人の意見に合わせてばかりいると
本当に感じたこと、やりたいことがあったとしても
その想いを無視することになる。

それが我慢癖を生み出してしまうの。


心の声を叫ぶことも、時には必要!

f:id:gift-mkn:20171110193609j:plain

皆さんは愚痴を言ったり鬱憤を晴らすなどして
定期的にガス抜きをすることがあるでしょうか??


2ヶ月ほど前から仕事を始めたのを機に
私自身も「ガス抜きの重要性」を知ることになったのですが、

これって自分の本音が言えない人にとっては
想像を超えるぐらい、実は重要なことだと私は思ったんです。


優しい人、大人しい人、平和主義な人ほど
多分自分の意見や本音を言わない方が楽だし
それで事が済むならその方がいい、と思っているものなのかもしれない。


だけど、自分の意志(考え、思ったこと)を伝えないということは
自分を苦しめていることでもあるの。


言わなければ言わないだけ
本音を押し殺して我慢していることになる。

それは大きなストレスでなかったとしても
小さなストレスの積み重ねが
大きなストレスを生み出している場合だってあります。



だから自分の本音や鬱憤は定期的に出すことが必要。

それは、常に我慢しないことが
「どうでもいい人」から抜け出す一番の近道になるからでもあります。


例えば、自分の本音が話せる相手に
普段感じている不満を聞いてもらったり
愚痴を言ってみるのも良いだろうし

ガス抜きdayを設けてお酒を飲みながら
言いたいこと言う日として鬱憤を晴らすのも良い。


私自身も仕事を始めるようになってから
愚痴を言う機会が増えたのだけど(笑)

実はこれがとっても良いガス抜きになっていて
ブログにも言いたいことが書けるようになってきたし
自分の心に忠実になったことで幸運のサインも拾いやすくなったんです。


勿論、言いたい放題愚痴ればいいだとか
言いたいこと(やりたいこと)だけをやっていればいい
といった端的な話をしている訳ではありません。

何事もバランスが大事だし、我慢することが癖付いているくらいなら
我慢しないことを取り入れることも大事なんじゃないかなって思うの。


結局、みんなに好かれることなんてできないんです。

f:id:gift-mkn:20171110194313j:plain

嫌われたくない人って、別の見方をすれば
八方美人だったりもする。


「嫌われたくないし、誰にでも好かれる自分でいたい。」

という思いがあると、人は誰にでも良い顔をして
どっちつかずの意見を言ったり、行動したりしてしまう。


だけど、世の中には色んな人間がいるし
価値観だって人それぞれ。

どんなに相手を理解しようと思っていても
どうしても理解出来ない人や受け入れられない人は必ずいます。


きっと良い人であろうとする人ほど
全ての人の意見を受け入れようとするのだけど

私は自分が嫌なことは嫌だって言っていいと思うし
やりたくないことを嫌々受け入れる必要もないと思う。


スピリチュアルの業界でも
「すべてを受け入れることが愛だ」という教えがあるからなのか
我慢すること、受け入れられないことがあることは
未熟だとか、悪だとか、それでは不十分だと思われがちだけど、

精神が成熟(成長)するスピードなんて人それぞれだし
「受け入れること」と「我慢」を履き違えて
自分の想いに蓋をするのは違うと思うんです。


それに、ワガママ言ったり、怒ってみたりして
自分の感情のまま生きることは
人間として生きている醍醐味だと思うんです。


ただ受け入れるだけの人生だったら
肉体を持つ前の魂(光)の状態の時にいくらだってできる。


だから、今しかできないことを
今だからできることを楽しむためにも

自分の想いに忠実に生きるって
とっても大事なことなんじゃないかなって思います。



我慢癖がある人は、試しにどこまでワガママできるか
やってみたら良いと思います。


案外、誰かに怒られると思っていたり
嫌がられると思ていたことでも
自分が心を決めてしまえば相手から受け入れてくれたりするもの。

それが自分の本音を通してのアクションなのであれば
勝手に回りが動きだしてくれます。



それでもし、上手くいかないことがあるなら
それは自分の起こしたアクションの結果。

イライラしたり、悲しくなったり、
言われたことが図星過ぎて心にモヤモヤが残るなら
言われたことと同じことを、自分でも思っているはずです。


そうなった時は、その時にまた
自分が本当に言いたかったこと、やりたかったことと向き合えば良い。

実はそれくらい、自分の欲求を解放することは
とてもシンプルなことだったんです。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

映画『gifted/ギフテッド』公開キャンペーン実施中⭐️⭐️

f:id:gift-mkn:20171030175256j:plain映画が上映予定の11月23日(木)までの期間限定で
個人セッション「ギフテッドスクール(リーディング鑑定付き)」
90分→120分へ引き伸ばして実施します⭐️⭐️

※11月23日(木)までにご予約いただいた方が対象となっています!
ご予約日は11月24日(金)以降も可能です^^


セッションの詳細に関しては
リンク先の「詳細」を見ていただければと思いますが、

とにかく、才能を引き出す独自の手法に
ワクワクと驚きの連発であることは確かです^^

「まるで自分のことを全て見透かされているみたい」
「新鮮な体験が出来てとても面白かったです」
「自分に自信が湧いてきました!」
「自分のことが好きになれそうな気がします」といった声や
セッション終了後も「まだ帰りたくない」という多数の声をいただいております^^❤️

ご予約&詳細は↓こちらからどうぞ。
▶︎https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11875 


その他、個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています^^

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ。



セッションメニュー、詳細を知りたい方は↓こちら。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから