繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

【仕事で空回りする人必見!!】できる上司に気に入られ、サポートを受けるために必要なこと

f:id:gift-mkn:20170930193732j:plain


ギフテッド(繊細人間)が仕事をしていて空回りしてしまうのは
自分自身を守ることができていないからでもある。

「誰もがやってることだから」なんて
任されていることにだって
ギフテッドにはできないことがあるんです。


だから、まずはそれに気づくこと。

自分が働きやすい環境に整えることができれば
もっと仕事が楽しめるはずです。


自分を知らないと空回りしてしまう?!

f:id:gift-mkn:20170927080907j:plain

自分自身がギフテッドで
その中でもHSP(繊細すぎる人)だと分かったから
今となっては仕事に取り組みやすくなったけど、

それを知らなかった看護師時代は
今では想像もできないくらい
仕事の覚えが悪くて空回りすることも多かった。


その理由は「自分を知らなかったから」でもありますが、

「自分の事業をやっていくには
もっと自分を知らなくちゃ!」


という思いで始めた「自分を知る」という行為が
こんなにも仕事をする上で重要なことだとは思ってもいませんでした。


自分を知っていれば、得意なことを仕事にしたり
苦手分野を誰かに補ってもらうことができます。

人に力を借りることができれば
ミスを未然に防いだり、自分を守ることだってできるの。


私が看護師時代に仕事で空回りしていたのは

なんでも自分一人でやろうとしていたり
苦手なことができなかった時に
必要以上に劣等感を感じていたからでもあります。


できる上司の共通点

f:id:gift-mkn:20170930193831j:plain


自分を知ることができれば
空回りせずに業務をこなすことができますが、

より仕事をこなしていくには
「できる上司から力を借りる」というのも大切なポイント。


「仕事は目で覚えろ」と言いますが
できる上司からスキルを盗むと驚くほどに仕事が上達していきます。


頭の回転が速い

f:id:gift-mkn:20170930194608j:plain


できる人は、基本的に「頭の回転が早い人」が多い。

いつでも先回りして物事を考えているので
「自分自身を守るためにはどうすれば良いのか?」
をよく知っています。


私の場合、なぜか自然と
頭の回転が早い人と仲良くなることがありますが、

このような人たちは、とにかく無駄がないし
良い意味で損得勘定を持っているので
仕事の内容をプライベートに持ち越したり
後々までミスを引きずることがありません。


頭の回転が早い人は
自分にとって必要なことだけをこなしているので
誰よりも仕事が早く周りの評価を得ることができるのです。


理解力がある

f:id:gift-mkn:20170930194901j:plain


できる上司は、とにかくできない人の気持ちを
深く理解することができます。

それは、自分も同じところでつまずいていた経験があって
つまずく人の気持ちが分かるからでもあります。


これが中途半端に最初からできてしまう人だと
人がどこでどのようにつまずくのかを理解することができないし
上手に教育することができないため、新人も成長させることができません。


私自身のこれまでの経験を振り返ってみても、やっぱり
仕事の覚えが早かったときは、自分の悩みに共感してもらえたり
分かりやすく教えてもらえた時でした。


ギフテッドのように繊細な人であればなおさら
自分を理解してくれる人が側にいると
仕事をするのがうんと楽になるんじゃないかなって思います。


オン&オフの切り替えが上手い

f:id:gift-mkn:20170930195630j:plain


仕事ができる人はオン&オフの切り替えも驚くほど上手い。

休憩時間になったら即座に休憩室へ向かうし
仕事が始まれば人が変わったかのような集中力で仕事をこなしていく。


看護師時代の私なんかは、自分のミスを家まで持ち帰って
次の日やまた次の日まで引きずって
結局身体が休まずにまた仕事をすることの繰り返しだったけど、

これでは生産性も高まらないし、精神的にやられてしまうのも当然です。


人によっては仕事と遊びの境界線がない人もいて
極端にオンオフを切り替える必要がないこともあるけれど、

「後々まで引きずらない」「気にしない」というのは
オンオフの意識になるためとっても大事なこと。


できる人を見てみれば、その違いは一目瞭然です。


できる上司に気に入られるための3つのポイント

f:id:gift-mkn:20170930200043j:plain


私が仕事でお世話になっている方はとにかく仕事ができる人で
関東でもトップの成績をおさめている人。

そんな人から直接仕事を教われるなんて
本当に奇跡だなって思います。


ただ私は、このことだけに満足せずに、
ただただスキルを盗むことを考えていました。笑

実は、あるとっておきの方法を活かせば
段違いのスキルを身につけることができるのです^^


謙虚な姿勢で向き合う

f:id:gift-mkn:20171001175103j:plain

「謙虚な姿勢を持つ」

これは基本中の基本ですが
単純に「はい」と頷いて聞いていれば良い、
というわけではありません。


私の場合、

「そうなんですか!」「それは初めて知りました!」
「◯◯さんに言ってもらえて良かったです」「助かりました」
「なるほどですね!」「そんな考え方もあるんですね!」
「その視点を持ってみようと思います!」など

あらゆる返答を返すようにしていますが、
その理由は相手の意図や
自分の知りたい要点を知ることができるから。


謙虚さも魅せ方によって
より多くの学びを得ることができます。


できる人から話題を引き出したり
「もっと教えてあげたい」という気持ちにさせるのは
教わる側の重要な役目でもある。


ただ頷いて話を聞くよりも
多くのスキルを手にすることができるので
これを活かさない手はありません。


分からないことはすぐ聞き、次にはできるようにする

f:id:gift-mkn:20171001180057j:plain

これは私が看護師時代にできなかったことですが
何か分からないことがあった時は
どんなことでも聞き返すのは、とても大切なこと。

「こんなことでも?」と思うことでも
質問をすることで更に得られる学びだってあるし

自分の中で腑に落ちない部分がクリアになったり
分からないポイントをメインに教えてもらえることだってあるのです。


また、分からないことが「恥ずかしいこと」だとか
「いけないこと」だと思ってしまうのはナンセンス。

大きなミスや事故を未然に防いだり
自分を守るためにも、心のモヤモヤをクリアにしていくことは
自分が思っている以上に注意を向ける必要があります。


自分の得意、不得意を知る

f:id:gift-mkn:20171001180342j:plain


そして最も重要なことは
先ほどお伝えしたように「自分自身を深く理解すること」。


自分の苦手なことを知らなければ
自分を守ってもらうことができないし
一つのことをするにも時間と労力を使うことになります。


私の場合は、知らないのに知ったつもりになっていたり
抜けが出たり、その場の環境次第でミスを起こすことを知っているので、

自分がどんな状況でミスを起こしやすいのか
何が苦手で人よりできないのかを人に伝えながら
分からないことや曖昧なことがあればすぐに質問するようにしています。


すると不思議なことに、

何か仕事を頼んでいるわけでもないのに
自然と苦手を補ってくれるように周りの人が動いてくれたり
自分の得意なところを汲み取って評価してくれたり
苦手でもやらなきゃいけないことはサポートしてもらえたりするの。


こうやって、自分の働きやすい環境が整うから
気づけば仕事ができるようになっているし
評価してもらえたことが自信にだってなるんです。


あとは、教える側の気持ちを
先回りして考えることも重要なポイント。

人は「分からないこと」「予期できないこと」があると
不安になる生き物なんです。


だから私は「こういうミスをするかもしれないよ」
「こういったことを教わりたいな」「私はこんな人間ですよ」
っていうのを先に教えていたことで
できる人からのサポートを自然と受けていたってわけ。


・・なかなか賢いやり方だと思いませんか?笑

なるほど〜!と思った方は、ぜひ実践してみてください^^




自分の特性(USP=自分だけの強み)を詳しく知りたいという方は▶︎こちら

▶︎ギフテッド診断もご好評いただいています^^❤️



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションのご予約承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています^^

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ。



セッションメニュー、詳細を知りたい方はこちらをどうぞ。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから