繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

共感能力が人を動かす?!何のアドバイスもできないHSPだからこそできる、すごい助言とは??

f:id:gift-mkn:20170922185044j:plain


相談を受けたらアドバイスしなければいけないと、
そう思ってはいませんか??


何か的確なアドバイスができている人を見ると
HSP(繊細すぎる人)は自分の発言がちっぽけに感じたり
何の役にも立てていないと思うことがあるかもしれません。


でも実際は、HSPならではの
重要な役割を担っていたりする。

共感能力という素晴らしい能力を上手に活かせば
何か特別なアドバイスをしなくても人を導くことができるの。


相談者になってもアドバイスができないHSP

f:id:gift-mkn:20170922185510p:plain

 

「この前友人の相談に乗ったのですが、彼女は上の空で全く私の話が入っていかないんです。『何をすれば上手くいくのか?』を自分なりに考えてアドバイスしているのですが、(全くと言っていいほど)その友人は行動に起こす気配がありません。どうすれば彼女を良い方向に導けますか?」


この前個人セッションをした際に
あるセラピストさんから、こんなご質問をいただきました。


“相談を受けることがあっても
相手を望む方向に上手く導くことができない”

これは意外と、HSP(繊細すぎる人)
あるあるなのかなって思います。


HSPは共感能力が高いから
「こんなに自分の気持ちを理解してくれるのはアナタだけだ!!」
と、人から相談を受けることが多いのだけど、


一般の人やHSS(刺激を求める人)のように
シンプルに的確なアドバイスをしたり
感じたことをストレートに伝えることができません。



その理由はHSP特有の「複雑型思考」にあるのですが、

HSPは空間意識(環境の変化、人の感情)に対して敏感な反面
自分の意識が空間意識と同化してしまうため、

本人にしっくりくるアドバイスをしたり
言葉を選ぶことができないのです。 


私がコーチングやコンサルティング、カウンセリングのように
「アドバイスすること」を前提として相談を受けるのではなく
チャネリング」を活かしたセッションを行っているのは、

感じたことを思いのままに伝えるだけで
空間意識から感じ取ったメッセージを上手に伝えることができるから。



HSPは目に見えない世界からのメッセージを
自然と感じることができるので、

自分自身が「(相手にとっての)正確な鏡」になれば
勝手に今この瞬間の気づきを与えることができてしまうのです。

 


 「相手の鏡になる」という共感能力の活かし方

f:id:gift-mkn:20170922185016j:plain


まだHSPである自分を深く理解していない人にとっては
「共感能力」は煩わしいものでしかないのかもしれません。


私自身も、自分が繊細人間、HSPと知るまでは
すぐに人の真似をしたり、人の意見に流されたり
自分の意志が持てないことに嫌気が差したりして、

中々自分を好きになることができませんでした。


だけど本来「共感能力」というのは
上手な活かし方さえ分かってしまえば
とっても素晴らしい能力として活かすことができる。


先ほどお伝えした「チャネリング」も
共感能力によって活かせる素晴らしい才能のうちの一つですが、

人の相談を受けた際に
「自分が感じたことを素直に伝えるだけ」で

相手が勝手に気づきを得て
自然と望んでいる方向へと行動を起こすことができるのです。



ちなみに、このようにして
チャネリング(相手の鏡になること)を行う場合、

コンサルティングコーチング、カウンセリングのように
何かこれといったアドバイスをしてはいません。


なぜなら、自然と感じたことを伝えることが
その人にとっての心の声(本音)であり
相手が「今この瞬間に聞きたい言葉」でもあるから。


また「集客できること」を目標にコンサルをするといった
「結果」にこだわる必要がないのもチャネリングの特徴ですが、

それは、そもそもの相談者の相談内容が
本心からくるものとも限らないからでもあります。


勿論、その相談が本心からの相談内容であれば
自然な導きができるのだけど、

本心で語れるレベルなのであれば
その問題は自己解決できてしまうから
滅多にそのような形で相談に乗ることはありません。


私が人の相談に乗る時は
「本音と建前のギャップを埋めていくこと」
を元に相談を受けていますが、


そうすることで常識的な凝り固まった考え方や
メンタルブロックが外れて
自然と
本当の答えを見つけ出すことができるのです。


共感能力を活かす上で心がけたいこと

f:id:gift-mkn:20170922191237j:plain


チャネリングはスピリチュアルなものなので
一般の人には特に理解しがたいもの。


疑われたり胡散臭いと思われてしまうのは
仕方がないことなのかもしれないけれど、

それでも「怪しい」と思われやすい人と
「あなたに相談して正解だった!」と感謝される人に分かれるのは
チャネリングを行うまでの前提が違うからなのかなって思います。


まず、チャネリングをするにあたって
自分に信頼を寄せている人が対象でなければいけません。


特に「怪しい」と疑っていたり、興味本位で受けようとする人や
「あなたのこと信じてもいいんですね?」と
依存的な考えを持った人はクレーマーになりやすい。


だから私が誰かの相談を受けるときは、必ず
冷やかし抜きで真剣に相談したい、という方や
素直な方、プライドが高すぎない方を選ぶようにしています。


人を「選ぶ」だなんて、だいぶ偉そうな言い方だけど><

チャネリングはそもそも
「相手の本音を自分という鏡に映して見せてあげるもの」なので
素直な人や自分に心を開いてくれる人でなければなりません。

自分自身の心も相手の心もリラックス状態であることが
とっても大切なのです。



また、心をリラックス状態にさせるには
常に自分自身の心のブロックを解いておく必要があります。


日常生活の中で我慢していることがないか?
自分のやるべきことにきちんと目を向けられているか?
好きなこと(もの)、心地良いこと(もの)を日常に取り入れているか?
精神的・身体的ストレスで自分を苦しめていないか? など

チャネリングをする上での下準備は、必ずしておくことが大切です。



チャネリングって「イタコ」のようなイメージがあったりして
何か特別に感じるかもしれないけれど、

ギフテッド(繊細人間)なら殆どの人が
無意識に使うことができているものなの。


自分の感情任せに発言したりして
相手や自分自身を傷つけないためにも、

まずは自分の心を平穏に保つことが重要です。


そしてどの方向に導くか?
どうすれば役に立てるのか?を考えるのではなく、

今自分が感じること、これは伝えておきたい!と思えることに
意識を向けてみてください。


そうすれば、自然と相手の鏡になることができて
その人の望む方向に自然と導けるはずです^^

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションのご予約承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています^^

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ。



セッションメニュー、詳細を知りたい方はこちらをどうぞ。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから