繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

アスペルガーは仕事が続かない??転職を繰り返す、そのワケとは・・

f:id:gift-mkn:20170813171655j:plain

「自分に向いている」と思っていた仕事でも
何だか上手くいかないことばかりだし
周りの人とも馴染めない・・と感じたことってありませんか??


大人になってから発達障害だと診断を受けた人や
グレーゾーンのアスペルガーたちは、

仕事の内容が中々覚えられない、
同じミスを繰り返してしまう、
仕事のプレッシャーにストレスを感じる、
人と同じように仕事をこなすことができない、、

といったことで悩まされていたりします。


仕事ができなくて
自信が持てなくなる人もいると思いますが
これはあくまで、仕事の向き不向きの問題。

自分にピッタリの仕事や働き方が見つかれば
そのように悩む必要はなくなるかもしれません。


我慢しながら雇われたいですか??

f:id:gift-mkn:20170813171749j:plain


何か仕事をするにしても、自分に合う仕事でないと
中々続けていくのは難しいものです。


きっと多くの人は、適職診断や興味のある仕事の中から
自分に適していると思う仕事を選んでいると思いますが、

ギフテッド(繊細人間)にとってはこの他に
「自分にピッタリの働き方」
「天職と思える仕事」を見つけることがとても重要です。


それは、本来の「ギフテッド」の意味でもある
“秀でた才能”を活かすためでもあります。


一般の人が「仕事が辛い」「辞めたい」
「何か良い仕事がないかな〜」と言いつつ
毎月安定した収入が入ってくる場所を求めているのに対し

ギフテッドは会社の仕事の方針に違和感を感じたり
人間関係に馴染めなかったり、理不尽な出来事に苛立ちを感じたり
会社の人と価値観が合わないことに我慢できなくて
自分に合う環境を本気で求めているのが事実です。


繊細な人ほど会社に馴染めなかったり
転職を繰り返すようになるのはそれが理由。

今の仕事に落ち着けないのは
まだ自分の居場所を探しているからなのかなって思います。


独立するキッカケとは?

f:id:gift-mkn:20170813172524j:plain


私はよく「どのタイミングで独立を決意したんですか?」とか
「凄い!独立するなんて、勇気がありますね!」
なんて言われることがありますが、

全くもって独立することが凄いこととも
勇気がいることとも思っていません。


その理由は、

「やりたいからやった」というだけの話だから。


「起業」「独立」とか「社長」「代表」
なんて言葉に憧れを抱いて
独立する人も中にはいるけれど、

そういう思いから始めた人ほど
長続きしていないような気がします。


喉が渇いたから、飲み物を飲む。
本が読みたい(買いたい)から、本屋に行く。
遠くに出かけたいから、旅行に出かける。

本当にやりたいことであれば
それはその人にとって「夢」ではなく「予定」。

テンションを上げるとか、意気込むのではなく
自然と取りかかっているものなのです。


それぐらいのナチュラルな感覚で
私も独立していましたが
「気づけばこの世界にいた」というのが正直なところ。


だから、独立をするタイミングって

何か新しいこと始めたいな〜。とか
今の仕事は向いてないから別のことやろう!とか
給料の中でやりくりするよりも稼いでお金増やした方が早いな!とか、

そんな思いが湧いてきた時だと思うんです。


勿論、始めたことがなかったら
それなりに勇気がいるのかもしれないけれど、

その業界のことが分からないなら分かる人から学べば良いし
今の会社を完全に手放さなくても
副業からやってみれば良いと思う。


どこかのブログでも書いたけど、

何かを始める時って
「ワクワク」と「恐怖」がセットだから

「怖いなぁ」と思っていたとしても
面白そうだと思うものがあったら
まずは始めてみると良い。


やりながら体験しながら知るのが
独立の世界だから
まずは手にとってみることをオススメします。


人に馴染めない人ほど独立に向いている?!

f:id:gift-mkn:20170813172959j:plain


仕事をしていても
どうも会社の人間関係に馴染めないと
思うことってありますよね。

価値観が違うと、それだけで
嫌味を言ってくる人もいれば、
理不尽な態度をとってくる人もいます。


私が看護師をしていた時も
「新人なのに困ってなさそうな
堂々とした態度が気に入らない」と思われて

先輩に目をつけられたり
理不尽な態度を取られることがよくありました。


当時を思い返してみると
ギフテッドゆえのプライドの高さも
その原因の一つだったのかもしれません。

このように人間関係が上手くいかないのも
実はその仕事が「適職ではない」というサイン。


人の下で何かするよりも
自分が人を導くような役割を担ったり
個人で仕事をする方が向いている人には
このように「弾かれ現象」が起こり、

より自分にとって適した場所に
導かれるようになっているのです。

gifted.hatenadiary.com


クラスの代表に選ばれる人にはこんな共通点が!

f:id:gift-mkn:20170813173300j:plain


個人セッション(本セッション、Mentorship)をする際は
セッションの前に必ずワークシートを入力していただくのですが、

それを見てみると、学生時代に
学級委員、実行委員、生徒会の役員など
人をリードする役割を経験していた人が何人もいるんですよね。


私も学生時代の頃はまさに
学級委員、実行委員、合唱祭の指揮者など
人を指揮する役割を担っていたわけですが、

多分このような役割が向いている人が
独立する傾向があるのかな、って思います。


勿論、このような経験がない人で
独立されている人もいますが、

独立してきたギフテッドを振り返ってみると
人をリードするのが得意であったり、
人と違う視点を持っていたり、
流行を生み出すのが得意だったり、
人をまとめる力や発言力がある人がやっぱり多いんです。


さらに言うのであれば、

人と違うことがやりたい!
人とは違う人だと見られたい!
何かもっと面白いことができそう!
もっと良いやり方があるはずだ!!

と思えるのも、独立が向いている人
ならではの視点なのかなって思います。

何か心辺りがあれば
独立を考えてみても良いのかも^^



自分に適した仕事、方向性、
才能の活かし方を知りたい方はこちらをどうぞ。
▶︎http://ameblo.jp/serendipity-mkn/entry-12262889289.html



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

⭐️イベント情報⭐️
新時代の働き方、お金を手にする方法、
その人にピッタリの働き方をズバリお伝えいたします⭐️⭐️

愛をお金に変える❤️未来型お金のワークショップ
8月15日(火)19時〜銀座にて❤️❤️
詳細はこちら▶︎https://www.reservestock.jp/page/event_series/19310



全国・海外からも多数ご依頼いただいています^^
HSPに関するご相談やその他セッションは↓こちらから。



ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから


ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから

gifted.hatenadiary.com