繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

病は開運のサイン?!落ち込みやすい性格を直す必要がない理由

f:id:gift-mkn:20170805153123j:plain


気持ちが落ち込んでいる時や身体が不調を訴えている時は
自分の足元を見直す重要な時期だったりする。


結局、なぜ人が病気になってしまうのかって、

自分の心や身体の悲鳴を無視して
時間や仕事、人間関係ばかりを優先して
休むべき時に休めていないからなんです。


冷静に自分の内面(心や身体)に意識を向けてみると
自分にとって必要なサインが飛び交っているもの。


そこに目を向けることさえできれば
今の運気を回復させることだってできてしまうんです。


「不安」「怠い」メンヘラ(精神疾患)の症状を言い訳にしていませんか?

f:id:gift-mkn:20170805153303j:plain


繊細な人(ギフテッド)は感受性が豊かなので
その分、気分のアップダウンに悩まされて
自分はメンヘラ(精神疾患)なんだと思い込む人もいる。


でも、精神疾患になる人って
実は「好きで」精神疾患になってるんじゃないか、とも思う。

メンヘラだということを言い訳にすれば
周りの人は自分に優しくしてくれるし、自分も楽できるし
何より「可哀想な人」だと同情してもらえる。


そう実際のところは

「『可哀想な人』としてでも良いから同情して欲しい」

という思いでメンヘラになっている人が
殆どなんじゃないかなって、私は思うんですよね。


好きでメンヘラになっているなら
そこに介入する必要はない、と思ってからは
私も病んでいる人とは距離を置くようになりましたが、

(じゃないとこっちまでメンヘラになるので・・。)

心の病って、本来はそんなもの。


「病は気から」と言うけれど、あれは本当で
心のサインに意識を向けようとするかしないかで
病気になるかどうかが決まるのだと、私は思うんですよね。


私が鬱から学んだこと

f:id:gift-mkn:20170805154839j:plain



私は以前、看護師として働いていましたが、
自分が極度に繊細な人間
HSP)とも知らずに働き続けていたからか、
激務な環境と職場のプレッシャーについていけず
鬱状態に悩まされることがありました。


この時は自分も周りも信じることができず
生きることへの希望も見失って、自殺願望も芽生えたほど。


だけど今思えば、

当時は自分の心のサインに気づけていなかったし
気付こうと思ってもいなかった。


体重の急激な変動、ストレスによる肌荒れ、
やつれた顔に、心が荒んでいるせいで出てくる暴言、、

振り返ってみると自分の身体は悲鳴を上げていたのに
私は自分を責めるばかりで
身体や心の変化に気付いてあげることができませんでした。


自分を大事にしようという思いがあって
早い段階で身体や心の叫びに気づくことさえできていれば
鬱状態になったり、自殺願望を抱くまでになっていなかったと思う。


でも、そこで自殺することがなかったのは
家族からの愛情をしっかり受け取っていたことが
とても大きかったんじゃないかなって思います。


不幸中の幸い。
本当に、感謝してもしきれません。



これを機に、私は自分の為に生きることを決意しました。

ビジネスを始めてから毎日が凄く楽しかったのも
やっと自分の為に人生を切り開くことができたから。


それからは大きな病気にかかることもないし
風邪をひくことも滅多にないし、ひいたとしてもすぐに治ってしまう。


身体や心の声に耳を傾けることの大切さに気づいてからは
精神的にも身体的にも大きく落ち込むこともなくなりました。


病気が起こる本当の理由

f:id:gift-mkn:20170805153858j:plain


心や身体が不調を訴えるということは
私は自分の内面からのサインだと思っています。


自分にとって、今何が必要なのか?を
細胞一つ一つや精神(魂)を使って
必死に訴えてくれているの。


風邪を引き始めていたら
寒気がしたり、熱っぽかったり、咳が出たりする。

初期症状であればそんなもんで済むけれど、
それを無視すると酷く痰が出る咳が出たり
めまいがしたり、熱で動けなかったりする。


身体は今は免疫力が低下しているから休めって
必死で訴えているのよね。



でも実は私の場合、もっともっと初期で
気づくことができたりする。


免疫力が低下している時って
野菜や果物が食べたくなって肉類を控えたくなったり
あまりお菓子を食べたいと思うこともない。

早めに休息を取りたい気分になって
いつもは寝付けないのにその日はすぐに寝付けたりして
次の日はすっかり元気な自分になっていたりするの。



これが心のサインに気づいている証。


心のサインに気づくって「自分の気分に従う」とか
「我が儘」になるということなんだけど
普通に考えれば休み過ぎだとか、自分に都合よく過ごしていることが
自分の心の向くままだと正解だったりする。


これが「社会の常識」とか「大人として」
というものに囚われてしまうと
頭で考えるばかりになってしまって
中々、心の赴くままに進むことができません。


そうなると、苦労をしたり頑張るのが正解

だと思って
自分にムチを打ちながら限界まで頑張ってしまう。

軽い症状のうちに気づくことができずに
気づけば病院に通うレベルの病気になってしまったりするんです。



病とは、身体や心のバランスのバロメーター。

自分が今どんな状態なのかを知るための
重要なサインなの。


だからそれを無視しないことが
健康の秘訣なんじゃないかなって思います。


落ち込みやすい性格と上手に付き合うには?

f:id:gift-mkn:20170805154152j:plain


そもそもなんでギフテッドは落ち込みやすいのかというと
自分の心の些細な変化に気づけていないから。


心は「休みたい」と訴えているのに
責任感ばかりが先に出て頑張り過ぎてしまったり、

「自分ばかりが変わり者だからいけないんだ」と
自分とは合わない人、自分を否定的に思う人との
人間関係を切れずにいたり、

無意識に自分の心の声を無視して過ごすことがあります。



勿論、休息をとったり、栄養のあるものを食べたりして
単純に休むことも大切です。

ただ、もっともっと
心の深い部分に意識を向けることも大事。


本当はやりたくないと思う仕事を続けていたり
行きたくないけど付き合いだからと
飲み会や祝い事に参加したり、

自分を平気で傷つけるような人の
表面的な言葉や態度に振り回されながら
お付き合いをしたり、一緒にいることはありませんか?


普段何気なくやっていることでも
心地良いと感じなかったり、面倒臭いなと思っていたり
「やらなくちゃ」と思うことって
大抵重要なことではなかったりする。


今、自分にとって本当に必要なものって
心地良いなと思うことや幸せだなぁと感じること
いつまでも続けられそうだと思うことや
人を自然と幸せにできることの中にある。


自分の心に嘘をついている間って
そのことに中々気づけないんです。

だから日頃から、自分の感じることに
注意を向けるって大事なんですよ。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

⭐️イベント情報⭐️

イベントのご依頼をいただいたので
8月も未来型お金のワークショップを開催します!^^

【限定5名】8月15日(火)19時〜銀座にて❤️❤️
詳細はこちら▶︎https://www.reservestock.jp/page/event_series/19310



全国・海外からも多数ご依頼いただいています^^
HSPに関するご相談やその他セッションは↓こちらから。



ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから


ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから

gifted.hatenadiary.com