繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

これが反応に困る人間の心理?!サプライズが苦手なのにはワケがあった!

f:id:gift-mkn:20170622185535j:plain

繊細な人って、直感が冴えているから
相手のすることが自然と分かってしまうんです。


サプライズが苦手な理由って他にもあるけど
これがわりと本質的なのかなって思う。

だから、誰かに合わせて騒いだり
バースデーパーティーにわざわざ出向く必要もない。


驚けない自分が変な人だと責められても
自分は自分を責めなくて良いんです。


繊細人間、ギフテッドはサプライズを見破れる?!

f:id:gift-mkn:20170723190054j:plain


私が普段セッションをしていると
「サプライズが苦手」とか
「祝われても反応に困るから辞めてほしい」
なんて話をよく耳にします。


これは私も、分からないでもありません。


確かにイベントとして楽しむ分には良いのですが
結局サプライズしてくれる人の心理が読めてしまうから
「サプライズしてくれた人が期待する反応をしなければならない」ことを
無意識に理解していたりするんですよね。



この話は昨日のセッションでも話題になりましたが、

「自分の誕生日なのに、なんで私が
誰かのために驚いてあげなきゃいけないんだ」

っていう気持ちになるのがギフテッドの本音なんです。笑


普通に考えると凄くひねくれていると思います。
かなり面倒な人間だというのもわかっています。笑

だけど、それがギフテッドの本音だから仕方がありません。


繊細な人は感受性が豊かだから
一般の人が考えそうなことや普通の考えは
大体見当がついてしまう。

相手のしようとすることが「分かってしまう」から
「相手の期待に応えなくちゃ」とか
「相手に合わせなくちゃ」なんて
必要以上に思考を巡らせて行動を起こしているの。


自己分析してみて初めて
自分のやってきたことに気づいたけれど、

だいぶ昔(多分、子供の頃)から
人間関係ではかなりの神経使っていました。


繊細な人は知らない間に、悩みの種を植え付けられている?!

f:id:gift-mkn:20170723190037j:plain

純粋無垢なギフテッドは
子供のような素直さや無邪気さを持っています。

大人のように物事を難しく考えて
常識や他人の意見に合わせる、というような発想ではなく
自分はどうしたいのか?自分はどう思うのか?を基準に
物事を考えたり、判断することができるの。


ただ、これまでの生き方による刷り込みや
一般常識、社会のルール、
世間で言われる大人としての在り方が染み付いてくると
中々自分の思ったように行動を起こすことができません。


「良い年なんだし、彼氏でも作ったら?」
「そろそろ結婚しないと寂しくない?」
「あなただけ乗り遅れて独り身になるわよ。」
「いつまでも自由にやっていられるわけでもないんだからね。」

こんな声を掛けられては
恋人を作ることや結婚に焦ったり
パートナーがいないのは不幸なことなんだと思い込んだり
自分の好きなことをやっていてはいけないと思い込んでしまい、

「他人の余計なお世話」によって
ギフテッドは必要以上に悩まされていたりするのです。


私も「あなたの考え方って変だよ」とか
「普通◯◯だよ」なんてことを言われ続けてきましたが
どれほどこの言葉に悩まされてきたか分かりません。


でも今思えば、この経験を通して改めて
一般の人とギフテッドの価値観は真逆と言っても良いくらい
違うものがあるんだな、ということに気づくことができました。


人の言うことを真に受けるな!!

f:id:gift-mkn:20170723185513j:plain


素直がゆえに、ギフテッドは
人の言うことを心から信じようとします。

それは、人の心はとても綺麗で
自分と同じように純粋であると信じているからでもあります。


ただ、世の中にはこんなに純粋に
誰かを思うような人間を汚す人は五万といます。

私のこれまでを振り返ってみても
そのような人がとても多かったように思います。



これは今だから言えることだけど、

ギフテッドは自分の感覚を信じて
人を上手く使おうとする人やズル賢い人、
損得だけで物事を考えるような人とは
距離を置くべきだと思っています。



これは自分の感覚に自信が持てなかったり
自分を信じることができなかったりすると

「いや、こんな風にして相手を疑ってはいけない!」

なんて思い直してしまうこともあると思うんだけど、

大抵思い直したところで
人に上手く使われてしまうのがオチだったりする。

(これまでの経験を振り返っても
違和感を感じる人に間違いはなかったなって思います。)


だから、人を見極めるってとっても大事。


それに、今にも死んでしまいそうな勢いで
感情的になって彼氏の愚痴を言ってきたり
仕事の悩みを打ち明けてくる人がいる度に

私は凄く真剣に、時には相手以上に悩みながら
人の相談に乗ることがあっても

相手からするとただ愚痴を言いたかっただけだったり
すでに自己解決していたりする場合が殆どでした。


酷い時は、誰かの悩みを家に持ち帰って
相手以上に考えることもあったのに(!!)

次の日、当の本人は全く何事もなかったかのように
ケロっとしていることもあったんです。


そんなことに自分の人生の時間をかけていたなんて
今となってはあり得ないなと思うけど、

きっと現在進行形で
「待って!これ今の自分なんだけど!!」なんて思いながら
ブログを読んでいるギフテッドも少なくないはず。


そう、一般の人とギフテッドの感覚って
これほどまでにも違うんです。

だから、どんなに感情的に
今が人生の終わりかのように悩みを打ち明けられても
真剣に話を聞いてはダメ!笑


どうしても誰かの影響を受けてしまうのなら
その人と距離をとることを考えてみても良いんじゃないかな。


ギフテッドがイベントを楽しめない理由

f:id:gift-mkn:20170717183950j:plain


「繊細な人はサプライズの反応に困る」
ということに関しては先ほどお伝えしましたが、

サプライズだけでなく
イベントも素直に楽しめないのも
ギフテッドの特徴なのかもしれません。


勿論、何でもかんでもイベントというものが
心から楽しめない訳ではありません。

私も祝って貰えたらそれはそれで嬉しいし
バレンタインもチョコを作りたい気分にだってなります。



だけどこれはあくまで「イベント」として
楽しんでいる自分がいるからであって

一般の人のように「イベントそのもの」を
楽しんでいる訳ではありません。



これは、イベントの裏側に
「ビジネス(商売)」があるということを
意識的にか、もしくは無意識的に分かっているから。


クリスマスのイルミネーションを
「イベントとして」見て楽しむことはできても

「このライトアップ、電気代いくらかかってるんだろう」とか
「入場料で元はとってるのね」とか
「なるほど、このオプションで利益を出しているのか」
なんて、冷静に見ている自分がどこかにいるんです。


だから、一般の人のように
見て取れる情報にばかり流されることはないし
ご飯だ、デザートだ、お土産だって
何でもかんでもお金をかけたりはしない。

その代わり、経験から得られるものはとことん吸収するし
何か買うとしても投資的な視点があって
これからの未来に必要そうなものや自分の為になるものに
お金をかけようとしたりする。


このように、ビジネスを誰かから学ばなくても
自然とビジネス脳というものを持っているので
人を喜ばせたり、楽しませるもの、お金を動かすものなどに
自然と意識が向くようになっているの。


だから、一般の人からしたら
ちょっと冷めてるように見られたり
イベントを楽しんでいないように思えるのかなって思います。


他人の価値観は自分と真逆と思え!!

f:id:gift-mkn:20170706162139j:plain


きっとこれまでの在り方をベースに考えると
ギフテッドは本当に肩身の狭い思いばかりを
してきたんじゃないかなって思う。


自分の考え方が一般の人の常識的な概念から外れれば
それは変だとかおかしいと笑われ

人と違い過ぎる価値観を否定的に捉えたり
自分を責めてしまうこともあったかもしれません。


きっと、自分の中の常識てきな概念から
外れている人を見たらイライラしてしまったり
相手を許せなくなってしまうこともあったでしょう。


だけどそれは「人とは違ってはいけない」
「常識から外れてはいけない」という思い込みが
自分自身や相手を責めてしまっていたのです。


ギフテッドの場合、

人と違う自分を受け入れることができれば
常識の概念から外れた人
人とは違った価値観を持った人と関わることがあっても

感情に波風起こすことなく
自然と関わることができるようになります。


人は誰かと違って当然なんだと
自分自身がきちんと理解することで
相手に対しても同じように接することが出来るのです。


だから、会社の人や友人、家族などの人間関係の中では
基本的に相手とは真逆の価値観を
持っていると思っていた方が楽です。


例えば、道端で会話が通じるマサイ族と知り合ったら
棒を持ってジャンプしていたとしても
「何かこれにも意味があるのかもしれない」
相手のすることを受け入れることができるのではないでしょうか。


感覚としては、これと全く一緒です。

相手を自分と違う感覚を持っている人間だと思えば
「相手を理解しよう」という意識から入ると思います。


これが相手を受け入れる(=自分を受け入れる)
上でも重要なことなんじゃないかなって思います。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜


全国・海外からも多数ご依頼いただいています^^
HSPに関するご相談やその他セッションは↓こちらから。



ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

 

gifted.hatenadiary.com