繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

【ギフテッド流】どうしても許せない気持ちの手放し方

f:id:gift-mkn:20170719174825j:plain

何か理不尽なことをされた時、

繊細なギフテッドは大きなショックを受けて
居た堪れない気持ちになり
誰かを必要以上に責めてしまうことがあります。


本当は優しくて、誰かを大切にしたい気持ちがあるのに
その気持ちとは真逆の行動を取ってしまうのは
相手を責めるのと同時に自分自身を責めているからなんだよね。


相手を憎んだり責めているようで
本当は自分自身を苦しめているの。


繊細な人が人より傷つきやすい理由

f:id:gift-mkn:20170719175544j:plain


繊細さを持ったギフテッドは
一般の人よりも比較的、傷つきやすい心を持っています。


「お前ちょっと普通じゃないよな」
「◯◯さんなら私の味方してくれるのかと思ってた」
「(君を)そんな人だと思ってなかったよ」

こんな言葉を不意に言われた時に
ショックを受けてしまったり
必要以上に自分を責めてしまうのがギフテッド。


本当は自分ばかりがこんな事を
言われている訳じゃないのは分かっているけど

自分を責めようとする気持ちと
悲しい気持ちと相手に対する怒りと、、

色々な感情が頭の中を巡っては
人を信じられなくなってしまったり
自分が嫌いになってしまう人も少なくありません。


でもこの傷つきやすさは
ギフテッド特有の「感受性の豊かさ」が理由でもある。

感性が鋭い分、周りの影響を受けやすく
細かい事が気になってしまうのです。


また、感受性が豊かな人は
生まれつき感情の起伏も激しいという特性を持っている。


自分の感情と上手に付き合えるようになれれば
何も問題はないのですが

その方法が分からなければ
時に感情に支配されることがあります。


ギフテッドにとって
自分の心と付き合うことは大きな課題でもあります。


人には二面性があるということを理解する

 

f:id:gift-mkn:20170719175739j:plain

人間には2つの人格が存在するということを 心理学者の「カール・ユング」は解いていますが 繊細なギフテッドであれば 自分の中のあらゆる人格を自覚している人も 少なくないのかもしれません。

ギフテッドの恋愛ベタは性的なトラウマが原因?? - 繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

 

カール ユング
「人間には2つの人格がある」と説いているように、

人には二面性があり「建前の自分」
「本音の自分」が存在します。


天使と悪魔が囁き合っている
↓このような絵を見たことがあるかもしれませんが、

f:id:gift-mkn:20170719140019j:plain


これが人の二面性を言います。


人はその場面や相手、タイミングによって
自分の好きな役を演じているのです。



例えば、職場でAさんの愚痴を言っている
同僚がいて共感を求められた時、

(本音では)陰口なんて言いたくないんだけど
(建前上)とりあえずその場では共感しておく。

といったことが起こります。


それをたまたまAさんが目にした時に

「あの時あなたも私の陰口言ってたよね。
いつも一緒にいるのに、この関係は嘘だったの?!」

という形で、人間関係に波風が立つようになっています。



人は自分が責められたり、陰口を言われたり、
理不尽な態度を取られた時に心が傷つけられます。

ギフテッドであれば、なおさらです。


だけど、このような人の二面性を知っておくと
またちょっと相手に対する見方が変わります。


起こった出来事には変わりないけれど

「あの同僚の中にたまたま遭遇してしまったら・・」
「同僚たちも何かを私に訴えたかったのかもしれない」
「私の負担を背負ってくれたしわ寄せがここに来たんだな」

という見方をすることで
愚痴を言っていた同僚たちを許すことができてしまうのです。


「許せない」という感情はどこから来るのか??

f:id:gift-mkn:20170719180110j:plain

人は何かを裏切られたと感じたり
理不尽なことを言われたりされた時に
「許せない」という感情が湧いてくるもの。

だけど、本当は
「許せない」という感情の裏側には
相手に対する期待が隠れているものです。



私が〜したんだから「これぐらいしてくれるよね」
俺が◯◯だと言ったんだから「わかってくれるよな」

そんな気持ちがあるから
「予定通り」にことが進まなかった時に
怒りや嫌悪感が湧いてくるのです。


でも、人は基本的に
人に指示されることを嫌う生き物。

(あーだこーだ言いながらも)
結局は自分がやりたい事をやろうとするのが人なのです。


これはギフテッドでも
世話焼き(過保護)な人にとってありがちですが
「良かれと思って」何でもしてあげたくなっちゃうんですよね。笑

(私も世話焼きタイプなので、気付けば誰かの
「オカン」になっていることが度々あります。笑)


恵まれた環境で愛情を受けながら育ったギフテッドは
特に私のような世話焼きオカンになりがち。

だから、オカンはオカンでも
「放っておくのも愛情」だと思うのも大切です。


腹が立ったときは、大抵図星なんです。

 

f:id:gift-mkn:20170719180840p:plain


「なんて出しゃばりな人!」
「なんか分からないけれど、あの人見てるとイライラする。」

そう思うときって、
大抵自分自身にも当てはまるものがある。


出しゃばりな人が気に食わないのは
自分が時に出しゃばりになるから。

イライラするあの人は
自分と同じくお喋りな人だから。


人には当然、相性というものがあるので
単純に自分とは合わない相手でイライラするし
気に食わないということはあると思います。


でも、モヤモヤとした感情が漂うだけで
怒りや悲しみ、嫉妬心や嫌悪感など
細かい感情に気づいていないのであれば

そのモヤモヤの中にはどんな感情があるのかを
きちんと理解する必要があります。



個人セッションをやっていて思うのは
多くの人は自分自身のモヤモヤした感情を
そのままにしてしまっているということ。


何に対して、どんな感情を抱いているのか?

それは「悲しい」なのか「怒り」なのか
それとも「嫉妬」なのか??

このように、自分の感情を分解していかないと
本音そっちのけで強がる人になってしまうのです。


「負け犬の遠吠え」という言葉があるように
自分の感情を理解していないのが理由で
自分の弱さを受け入れきれずに強がってしまうの。

負け犬の遠吠えとは、臆病者が本人の前では出来ないくせに、陰では威張ったり悪口を言ったりすることのたとえ。

 

そうなると、自分を許すことが出来ていないが為に
人を許すことができなくなってしまうのです。

だからまずは、他人をどうこう言うよりも
自分の気持ちをきちんと受け止めることが大切です。


誰かにイライラすることほど無駄な時間はない!

f:id:gift-mkn:20170719181116j:plain

彼氏の悩みを打ち明ける女子大生、
仕事の愚痴を言い合うサラリーマン、
旦那の稼ぎが少ないとお金の心配ばかりをする主婦、、

こんな人を電車の中やカフェなどで目にしますが
「随分、この人たちは暇なんだなぁ〜」
と思いながら見ていたりします。←


確かに人間関係を築いていけば
悩みや鬱憤が溜まることもあるでしょう。


だけど、あまりにもネガティブな話が
飛び交っていることが多いの。


しかも、自分事の話ではなく
「自分以外の誰か」の話で。




愚痴を言えばイライラする感情は増幅するし
愚痴を言った分自分に返ってくる。


そもそも相手の言動が気になるのは
気になる原因が自分にあるからなのに

「相手が悪い」「会社が悪い」
「誰も理解してくれない」「お金がない」「時間がない」
なんて言って周りのせいにばかりしているんです。


先ほど話していたように
人は人の指図を受けたくない生き物。

直接変えようと思っても
変えることができないのが人なのです。


それなら自分自身が変わるしかないんです。
誰かの愚痴を言っている場合ではありません。


それに、誰かの愚痴を言っている間、
その誰かは痛みを感じることもなければ
どこかで笑っているかもしれない。

そんな中自分ばかり相手のことを考えて
悩み苦しむなんて、無謀だと思うのです。


だったら、そもそもなんで
愚痴を言うような相手と一緒にいるのか?
考えた方が良いんです。

だって、その相手を選んでいるのだって
他の誰でもなく、自分自身なのですから。


自分自身のネガティブ発言に注意を払うこと

f:id:gift-mkn:20170719181429j:plain


大抵ネガティブなことを言っている時は
自分の心が疲れているとき。


私も人間なので
ネガティブな言葉を吐いている時は
これでもかってくらいにネガティブ人間になってます。笑


これをよく勘違いする人は
無理くりポジティブになろうとして
頑張って自分を上げようとするのですが

そうすると自分の感情を無視することになるので
一時的に上がったとしてもまた後から
ネガティブな感情を蒸し返すことになります。


それでは全くもって、自分を癒すことができません。


大事なのは、自分の心が今どんな状態にあるのか?
に気づいてあげること。

そして、何か「モヤモヤした感情」があるのであれば
「何に対してモヤモヤしているのか?」
「モヤモヤの感情の中にはどんな感情があるのか??」
を注意深く観察することが大事。


自分の怒りや悲しみの原因が分かれば
自分が本当はどうしたいのか?が見えてくるし
解決策も自然と浮かび上がってきます。

悲しい気持ちがあることが分かれば
心がスッキリするような場所に出かけたり
美味しいものを食べて元気を出したり
沢山涙を流してまた前に進めるかもしれない。


そうやって、自分の感情に
逐一意識を向けてあげることが
自分自身の心を落ち着かせる唯一の方法。

自分自身を許すことができれば
誰かを責めることも
感情が爆発して荒れ狂うこともなくなります。


時に感情が爆発してしまう人は
きっと自分に無理なことを積み重ねてきているはず。

自分を追い込んできてしまった自分を許して
「よく頑張ってきてくれたね、ありがとう」と言えることが
自分にも人にも優しくなれる秘訣なのかなって思います。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションは▶︎こちらから
(詳しいセッション内容はリンク先「詳細」をクリック^^)

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

 

gifted.hatenadiary.com