繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

男性不信の原因はコレ?!「傷つけられた」と彼氏を責める前にできること

f:id:gift-mkn:20170710173829j:plain

世の中には同じことを言われて傷つく人と
そうでない人がいます。

「傷つくのはメンタルが弱いから」
だと言われがちですが、本当はそうじゃない。


確かに繊細な人ほど
気にすることだってあると思うけど

「傷つけられた」と思う
何かしらの理由がないと、人は傷つかない。


大事なのは「何で傷ついたか?」だと思うんです。


男性不信になる人も
必ず「男性が嫌になる理由」を抱えているものなんです。

ちゃんとそこに、目を向けることができていますか??


男を野蛮人に変えるのも、紳士に変えるのも自分の思い込み次第!

f:id:gift-mkn:20170710174710j:plain


私はつい最近まで
「モテる」とか「注目を浴びる」
というのが死ぬほど怖かった。


この話は以前、こちらのブログでも書いていたけれど、

gifted.hatenadiary.com

 
結局は過去の経験によって
勝手に男の人を野蛮人だと思い込んでいたんですよね。


繊細な人でも特に
恋愛に対して自信がなかったり
相手と向き合うことが怖いと感じるのは

過去の経験によって
何かしらのネガティブなイメージを
持ったままでいるからなんです。


純粋な心を傷つけられた人であれば
世の中の男性(女性)や人間そのものに対して
不信感を抱いている人も少なくありません。


でも、私も自分自身の体験を通して
本当に大事なのは、自分の思いを
受け入れることだと知りました。

自分の気持ちを無視して
好きな人の為に何かを我慢をしたり
自分を押し殺して相手に合わせることで
本当は自分を苦しめていたことに気付いたんです。


また、自分一人の時間を持たなかったせいで
相手に依存しすぎていたことにも気がつきました。


やっと自分の気持ちを
優先できるようになったのは

異性との距離感をつくることで
自分を大事にすることを
学ぶことができたからなのかもしれません。



すると不思議なことに、

自分を大事にすればするほど
男性を愛おしいと思えるようになったり
もっと愛される自分になろうと思えたり
自分に自信が持てるようになったのです。


そして、今まで野蛮人だと思うような人たちとは
自然と出会わなくなり
誠実で真面目な男性と出会うようにもなりました。



世の中にはこんなに紳士がいたのか!
思えるようになったのもそれからの話。


深い傷ほど、無かったことにしてしまっている?!

f:id:gift-mkn:20170710175227j:plain


私の場合は、小学生の時に大好きだった先輩が
学校でもかなりのモテ男だったので

先輩に可愛がられた時の怨みほど
怖いものはありませんでした。


好きだった先輩の同級生が
「ねー、一緒に遊ぼー」
なんて白々しく言ってきたと思ったら
プールに沈められるという
典型的なイジメを受けたわけですが、

その記憶は鮮明でも、怖いくらいに
嫌な記憶としては残っていなかったんですよね。


「プールに沈められた」という事象が
ただそこにあるだけで、それ以上も以下もない。


恐らく、怖い経験すぎて
怖い記憶として頭に残らないように
身体が上手い具合に働いてくれていたんだろうけど、

だからこそ、なぜ自分が「モテる」ことを
怖いと思っていたのかに気づけなかったのかなって思います。



こんな感じで、本当に辛かった経験でも
意外とその記憶に蓋をしてしまっているから
中々そこに気付くことができないもの。

いざ思い出そうと思っても
簡単にはできなかったりする。


だけど、ふとした時に言われた
誰かの言葉に傷ついている自分や
傷ついている理由を深く掘り下げてみると

今までの何気ない経験が
自分にとって辛かった経験だったと
気付くきっかけにもなるんですよね。
 

相手に悪意がない時ほど、自分の反応に目を向けてみる。

f:id:gift-mkn:20170710175724j:plain


「お前はさ、ホラ、真面目じゃん??」
「こんなこともできないの??」
「男なんて、みんな浮気するものだよ!」
「それ、アナタが悪いんだからね!」


普段、何気なく言われた言葉に傷ついた時、
その事実を挽回しようと
何か相手に言い返すことってありませんか??


これが、被害者意識がある人の典型的な反応です。


「自分は間違ってない!」
「自分は悪くない!」


そう主張したい気持ちがあるから
そこに反発してしまうのです。


だけど、相手の言葉が「図星」だからこそ
その言葉に心が動かされているのだということに
早く気付かなければなりません。



自分が逐一感じている感情を無視し続けると
いつまでもその「被害者意識」が抜けません。

他人に何かを言い返す形でしか
自分自身を納得させることが
できなくなってしまうのです。


でも、何かのせいにすることほど
自分の心を痛めつけるものはありません。


その時は「言ってやった!」
というスカッとした気持ちになったとしても
必ず心に違和感というしこりが残ります。

これがある方が、人は辛いんですよね。


私も以前と比べたら
だいぶ相手のせいにすることは減りましたが

相手の言葉で何か心に引っかかるものがあった時は
「悪意のない発言(冷静に感じたことを素直に伝えているだけ)」
であればあるほど、注意を向けるようにしています。



それは、大抵自分だけが感情的になっている時が
心が反応しているサイン

相手の言っていることが自分にとって
重要なメッセージでもあるから。


自分ごとだと受け止めたことは
必ず冷静になった時に向き合うための
必要な材料になります。

他人や他人の感情が入っていないので
自分だけの答えを早い段階で
導き出すこともできます。


まずは自分の月星座から自己分析

f:id:gift-mkn:20170710180336j:plain


昨日のセッションでは

「自分の本質(月星座)の
受け入れが十分に出来ていないのでは??」

といった話が出てきました。


その彼女は蠍座
蠍座特有の『執念深さが嫌』だと
話されていました。


確かに一般的には
そう言われている部分もありますが、

執念深さというのは
粘り強い、集中力がある、情が熱い、
一途、誠実で真面目、、といった特徴も指します。


彼女はそんな自分でも
中々受け入れがたいと話していましたが

私はその話を聞いていて
きっと過去の何かしらの囚われ
(恋愛なのか、性に関することなのか・・)
があるのでは??と感じたんです。


で、その囚われがあるから
ダメだというわけではなくて

むしろ自分の本質(月星座)である
蠍座らしい自分」を受け入れられるように
なることが課題なんじゃないか、という話をしました。


世の中の星座は太陽星座がメインですが
月星座という裏(本質)の星座を知ると
ガラッと自分の在り方が変わってきます。

中には今までに気づけなかった
本当の自分に気づける人もいるかもしれません。


特に女性は月の影響を受けやすいそうなので
月星座を知っておくと運気が上がりやすくなるのだとか。


私も星読みのkeikoさんの↓この本を読んで
月星座(乙女座)を意識するようになってから
全体的に運気を上げることができました^^

お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ Keiko的Lunalogy

お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ Keiko的Lunalogy

 

 


最後に

f:id:gift-mkn:20170622184631j:plain

自分の表面的な部分はわかっていても
案外本質的な部分は自分では気づかないもの。


ましてや、周りからネガティブなことを言われて
傷ついた経験があればなおさら。

自分にとっては軸となるものでも
そこを受け入れることができなければ
自信が持てなくなってしまうのも当然です。


だけど、だからこそ、
勇気を出してそこに目を向けてみれば
それは「恐れ」という幻想だったことに
気がつけるはずです。



恋愛のトラウマを手放したい方に人気のセッションはこちら^^
http://ameblo.jp/serendipity-mkn/entry-12262894277.html



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

【個人セッション&イベント情報】

個人セッションのご予約&お申し込みは▶︎こちらから
※メニューの詳細は、リンク先の「詳細」からご確認いただけます。

ameblo.jp


7月18日(火)に5名限定
未来型お金のワークショップを開催します⭐️⭐️
https://www.reservestock.jp/page/event_series/19310

※遠方の方、日程が合わない方は
ワークショップの講義を個別で受けることも可能です。

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11875


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜


【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

大人気⭐️⭐️ギフテッド診断は▶︎こちらから 

ギフテッドに関する記事は▶︎こちらから