繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

人の気持ちが分かり過ぎるという才能?!共感能力の活かし方を、あなたは知っていますか?

f:id:gift-mkn:20170523162139j:plain


繊細な人は必ずと言っていいほど
一般の人が持っていない
共感能力というものに悩まされています。


自分以上に相手を理解できるというのは
そうでない人からしたら
羨ましい能力なのかもしれないけれど

当の本人は悩みの種だったりします。



今回はそんな不思議な能力を手なずける為に
とっても大切なことをお伝えしたいなと思います。

 

繊細な人は共感能力に悩まされてしまっている??

f:id:gift-mkn:20170523162316j:plain

繊細な人のほとんどはエンパシー
(共感能力、共感覚というものを持っています。

何も会話を交わさなくても
相手のイメージしていることが何となく分かったり
とっても勘が冴えているのもエンパシーによるもの。


こんな話をすると多くの人は
羨ましいと思うのかもしれないけれど
当の本人はとても悩まされていたりします。

周りの声ばかりが聞こえてしまって
自分の本音(本心)を見失いやすいからです。

 


多くの人が謙虚さを履き違えて自分を見失っていた!

f:id:gift-mkn:20170523162734j:plain


私のように極度に繊細な人が
「私になんて特別できることがない」とか
「私は何をやっても上手くいってない」
と言うことがありますが、

それは自分の内面にある能力に
気づいてないからでもあります。



「あなたって素敵なセンスを持ってるのね!!」

と言われても


「いえいえ、そんなことないです!
私なんかよりも◯◯さんの方が素晴らしいです!!」

って謙遜しながら、受け取るはずの
褒め言葉まで返してしまっていたりするの。



この繰り返しでは
自分の長所に気付けないはずです。


だって、そもそも
その長所に見向きもしないのですから。



だけど、こうやって受け取りベタなのは
繊細なギフテッドの感受性が
豊か過ぎるからでもあります。


相手の長所や考えていること、気持ちが
相手以上に分かってしまう分、

自分自身に対しては無頓着なので
相手ばかりが凄い人に見えてしまうのです。


だけど、本当は自分にも
相手と同じように素晴らしい部分はあるんです。

繊細さを持ったギフテッドにとっては、
そのように自分にフォーカスを当てることが
課題でもあるのかなって思います。

 

必要以上に不安にならないために

f:id:gift-mkn:20170523162959j:plain


必要以上に相手のことを分かってしまうというのは
良いことばかりではありません。


ギフテッドの感性は、残すことなく
音を拾い上げる集音器のような性質をしているので
余計なものばかりを拾ってしまいます。



それが原因で、

他人の良い部分ばかりが目についてしまったり
人の噂話や心の声が必要以上に気になったり

聞き流して良い冗談までも
真剣に受け取ってしまうこともあります。



人は対人関係を通して自分を知ることで
学んだり成長したり、自分の改善点に
気づくことができるのですが、

繊細さの度合いが強い人にとっては
相手との距離感を上手くとれずに
必要以上に「音」を拾い上げてしまうので
相手との距離感には注意が必要なのです。



また、同じ時間を過ごしていたとしても
一般の人が他人は他人、自分は自分と
境界線を引けることに対し

繊細すぎるギフテッドたちは
どこで線引きすれば良いのかが分からずに

相手の立場に立つことから
抜けだせなくなってしまうこともあります。



そうならないためには、

自分の内面に目を向けるために
一人の時間を持つことを心がけて
なるべく身の回りの情報から離れることです。



何かに一生懸命になっていたり
焦りを感じている時ほど
このような時間を無駄に思ってしまいがちですが、

心のバランスを整えることほど
効果的なことはありません。

 

木こりの話を知っていますか??

f:id:gift-mkn:20170523163443j:plain


皆さんは、木こりの話を
聞いたことがあるでしょうか??

 

イソップ童話より)

ある日の朝、旅人は山の中を歩いていました。

奥深い森の中、汗を流しながら一生懸命に木を伐っているきこりを見かけました。

そして夕方、同じ道を戻ってみると・・・、朝と同じ場所で、玉の汗をかきながら一生懸命木を伐り続けているきこりがいました。

でも、あんまり作業は進んでいないようでした。

旅人は足を止めてよくよく見ると、きこりが使っている斧の刃は、ボロボロでした。

そこで、きこりに声をかけました。

旅人:「きこりさん、精がでますなぁ。でもあんまり作業は進んでないみたいですね、一旦手を止めて、斧の刃を研いだらどうですか?」

きこり:「旅人さんよ、なに言ってるんだよ、刃を研ぐ時間なんておいらには無いんだよ、木を伐るのが忙しくてさ・・・。」

 

 

ギフテッドが感情の波を落ち着かせる為に
自分自身と向き合うということは、

木こりが斧を研ぐのと同じくらい
とても重要なことなんです。

 

私は何かに夢中になると、これを分かっていても
また忘れてしまうのですが

心の声に耳を傾けることが大事だ
ということが分かっていれば

何かが上手くいかなかった時や
普段のやり方で違和感を感じた時に
その都度心の状態を整えることができます。

 


一般的に、精神疾患にかかっている人たちは
限界まで無理をしてしまって

大きく心のバランスを崩してしまっている人を
指すんじゃないかなって思います。



勿論、ギフテッドであれば
不安遺伝子という遺伝的なもので

セロトニンが上手く生成されずに
精神的に落ち込みやすい部分もあると思いますが、

たとえそのような遺伝的な要因を持っていたとしても
心のバランスが全く取れないわけではないと思うんです。

(セッションを受けたりイベントに参加した方でも
精神薬を服用しなくなった方や精神症状が落ち着いたという方が複数います。
やっぱり心のバランスをとることは
それだけ重要なことなんじゃないかなって思います。)

 

不安になるのは「今」に目を向けていないからだった!!

f:id:gift-mkn:20170523163801j:plain


今に目を向けることに対する重要性を
↓このようにバシャールは伝えています。

 


【バシャール2016】今を生きる 【最新】


起こりもしないことを不必要に気にかけたり
過去の経験に囚われてしまうことによって
人は不安な気持ちになるのだそうです。



確かに周りを見てみると

・友達の間で悪口を言われていたらどうしよう(未来)
・お金が稼げなかったらどうしよう(過去)
・こんな自分にできるのだろうか(過去)
・彼氏はいつになったらできるのかな?(未来)
・上司にまた怒られちゃった(過去)

というように、

人が何かを気にかけている時は
過去や未来のことだということがわかります。



それよりも、今を楽しむことや
今何をするべきなのか?に
目を向けることが大切だということ。



こんな簡単なことで良いの??と思うと思いますが

これを実践していると
本当に悩みなんて忘れてしまうんです^^

 

そして、悩みを忘れるだけではなく

悩んできた分の時間を
「今やるべきこと」に費やせるから
本来の問題の解決策が見つかったりもするんです!


「お金がない」
今から稼げばいい!

「恋人が欲しい」
今は一人の時間を楽しもう!

「仕事が終わらない」
とりあえずできるところからやろう!
 (できなかったら、その時はまた考えよう!)

このように発想も
自由自在に転換することができます^^



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――
  

自分の在り方、使命に気づきたい方へ

全国、海外からもご依頼いただいています^^❤️

ギフテッドの講義と共に
自分のルーツの掘り起こしをしていきますよ⭐️

 


ギフテッドスクールの詳細は▶︎こちらから

 

はじめましての方へ

ギフテッドについては、こちらのまとめブログをチェックしてみてください^^

ameblo.jp

 

 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

 

大人気⭐️⭐️ギフテッド診断は▶︎こちらから