繊細すぎる私が見てきた世界、ギフテッドという生き方。

傷つきやすい私が見てきた世界は、美しくて、儚くて、愛で満ちていました。

HSPは天然小悪魔?!嫌いな人にも好かれる理由はコレだった!!

f:id:gift-mkn:20171221133304j:plain

「友達の彼氏から相談を受けていたら好きだと言われてしまった」
「当たり障りなく振る舞っていたのに逆に好意を持たれてしまった」
「計算なんてしていないのに小悪魔だと言われたことがある」 etc

繊細なアナタなら
きっと一度はこんな経験したことがあるのでは??


繊細な人は人の感情を汲み取るのが得意だから
自然と人に共感したり、合わせることができます。

それがたとえ嫌いな人や苦手な人であっても
難なくこなせてしまうんですよね。


だけど、好きでもない人や
友達の彼氏・好きな人に好かれたい訳じゃないのに
勝手に好かれてしまうのは困りもの。

人間関係が面倒臭くなって
人と関わるのが嫌になってしまった人もいるかもしれません。


でもそれって実は、HSPが生まれつき持っている
「天然小悪魔」の要素が関係していたんです。

「計算して人と関わるなんて無縁」だと思っている人ほど
実は天然小悪魔度は高いのかもしれません・・。


繊細な人は先回りして気づいてしまう能力を持っている?!

f:id:gift-mkn:20171110194145j:plain


繊細人、ギフテッドは優れた五感を持っているため
環境の変化や人の感情の変化に敏感です。

中でもHSP(極度に繊細な人)たちは
共感能力を持っているため
人の心の動きを敏感にキャッチしやすいもの。


例えば会社の上司や先輩から
「彼氏候補を紹介してあげるよ!」と言われれば
「先輩が折角紹介してくれると言うんだから仕方ないか」と受け入れ、

たとえ相手が自分と相性が合わない人だとしても
その人を悲しませないように、なるべく楽しませるようにと
気を使いながら接してその場をやり切ることができます。


結果「好きでない人から好かれてしまう」というのはよくある話。

優しい人、人の意見を優先しがちな人は
『相手は絶対に自分と合わない』と分かっている場合にも
「人に合わせる」方を優先してしまうため
自分のとった行動に対して後悔する人も少なくありません。



そして、本当は「先輩が気を使って人を紹介しようとしてくれている」ことも
「その相手が自分には合わない」ことも、うっすらと気づいていたりする。


というか、

「どう考えてもこっちじゃないな」っていう選択肢を
本来ギフテッドなら分かっているはずなんだけど

自分の考えに自信が持てなくて
ついつい相手に合わせてしまうのが実際のところのようです。



ちなみに私は合コンに参加すれば、ほぼ会話を交わさなくても
誰が誰に興味があって、誰に彼氏・彼女がいるのか、
デートした後もその人と続くのかがハッキリと分かってしまいます。

変な話、どの男の人が女の子をお持ち帰りしたいと思っているのかも
どの女の子が男の人に上手く奢って貰おうとしているのかも分かってしまうから

合コン後の打ち上げ(「アナタは誰狙いなの?」
「◯◯さんは無理だよね」的な話をする会)には参加する必要がありません。笑


学生時代に彼氏がしばらくできなかった時も
友達に「とりあえず付き合ってみたら?」と言われて
友達から付き合った人がいたけれど、残念ながら長くは続きませんでした。

それも実は先回りして
未来を予測することができていたからなんだと、今ならわかります。


自信の無さが直感を狂わせている?!

f:id:gift-mkn:20171221140830j:plain


本来ギフテッドは優れた感性(直感)を持っているので
その感覚を信じて突き進んでいれば
間違った選択をしないようになっています。

ですが、自分を信じることができていないと
自分の感覚を信じることができません。


「人間に悪い人はいない」「何があっても人を疑ってはいけない」と
強く思い込んでいる人ほど人に振り回されたり、騙されてしまうのは
自分に自信がない代わりに人を信用しすぎてしまっているから。

自分以上に人を信用したり頼りすぎると
「こんなはずではなかった」と自分の理想とのギャップを感じてイライラしたり
自分がやりたくないことでも嫌々やらなければいけない
という状況に立たされたりして、自分の感覚をどんどん狂わせる一方。


「念のため紹介された人と食事してみたけど全然楽しくなかった、
相手に気を持たれてしまってかえって悪いことをした」

と思うことがないようにするためには
自分を信じて自分の感覚に従うことが大切なんです。


HSPの天然小悪魔要素って?

f:id:gift-mkn:20170925182518j:plain


ギフテッドやHSPが多くの人に好かれるのは
「相手の想いを汲み取るのが上手いから」という良い面もありますが、

「相手に悪い」という思い込みによって
人に合わせてしまったり、我慢をし過ぎてしまうからでもあります。


「もっと相手の喜ぶことをしよう」
「もっと相手の期待に応えたい」

その想いが良くも悪くも働くことにとって
相手にとっての「気になる存在」や「良き理解者」になり
好意を持たれるというのが天然小悪魔になるまでの自然な流れ。


本人にとっては善意でしかないからこそ
それが相手に伝わった時には
すでに「天然小悪魔」になっているというわけ。


これが好きな人に自然に出来ていたら何も問題はないのだけど
好きでもない人にまでそのような振る舞いをしてしまっているのが
天然小悪魔系ギフテッドの厄介なところでもあります。


だから、このようなギフテッドにとっては
嫌いな人、苦手な人には「NO」を伝えて
自分が受け入れたくないこと、受け入れられないと思うことを
積極的に断っていく必要があります。



以前、セッションを受けてくださったAさんも
彼氏の浮気を泣く泣く許しながらお付き合いを続けていましたが、

自分の嫌なことを平気でする彼氏に
「それは辞めて欲しい」とNOを出した結果
良い意味で彼に対する気持ちが冷めて
別の人から想いを寄せられるようになった、と話されていました。

これは自分の本音を素直に受け入れて
自分自身を大事にした結果なんだと思います。


悪い男(自分の嫌いな人や苦手な人)を引き寄せないためには
自分の想いを大事にして「結界」をつくることが大切。

人の意見を受け入れることも大事だけど
自分を押し殺したり、我慢してまで受け入れる必要はありません。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています!!

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ^^



セッションメニュー、詳細を知りたい方は↓こちら。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから






【驚愕】アスペルガー、ADHDは薬で治せないという事実

f:id:gift-mkn:20171218182539j:plain


あなたは身体的・精神的に何かしらの症状が現れたとき
どのような方法で解決していますか?

きっと多くの人が対症療法、食事、運動療法よりも先に
病院に通って治療をしたり、出された薬を服用して治すことを
考えるかもしれません。


でも実は病気って「薬では治らない」


その裏づけについては「大笑い!精神医学」の著者
内海聡さんが本の中でもハッキリとお伝えしていますが、

薬では治らないことにも、薬がなくならないことにも
明確な理由があるんです。


ここではその事実の裏側と薬以外の解決方法についてを
お伝えしていきたいなと思います。


うつ病患者はなぜ向精神薬に振り回されるのか?

f:id:gift-mkn:20171218182836j:plain


これはうつ病患者に限らずですが
病気だと診断されている多くの人が
薬に振り回されたり、副作用の症状に悩まされていたりします。


その理由は、症状が「一時的」にしか改善されないから。


▶︎大笑い!精神医学という本にも
「一時的に症状を改善するものとして精神薬が使われている」
といったことが書かれてありますが、

症状はあくまで「一時的に」しか改善されないために
症状が出る度に薬を飲み続けなければならなくなるのです。


また、薬によっては離脱症状が起こるものもあるため
再度現れたその症状に悩まされる人も少なくありません。


患者が「薬を服用しなければならない」と
薬に頼る生活から抜け出せないのは、このような理由があるからなんです。


精神病院の役割

f:id:gift-mkn:20171218183212j:plain


イタリアには精神病院がないことに関しては
前回のブログでもお話しましたが、


日本や他の国では病院ビジネスが展開されていくばかりで
精神病院が無くなる気配がありません。

無くなるどころか、病気を治す方法が解明されていないのに
「“一時的に”症状が改善したから」と
精神薬が処方されている、というのが現状です。


国立精神神経医療研究センターのHPにも

たとえば、知能検査や記憶力検査、脳血流検査、ストレスホルモン検査の他、性格検査なども受けていただき、こころの病と脳内の物質や遺伝子などとの関係などについて調べています。 それらの検査結果を詳しく調べて、病気を解明し、よりよい治療法を開発することをめざしています。

 といった記載がありますが、

このように病気が解明されていないうちから
“一時的に”効果が見られた薬が処方されています。


私がギフテッドという繊細な人たち(発達・精神障害を持つ人も含む)に対して
心のバランスの取り方をお伝えしているという話をしても
時々「胡散臭い」と言われたり「それは医者がすることだろう?」
と言われることがあるけれど、

これも私からしたら、未だ解明されていない病気に対して
処方された薬を飲む方が身体に毒なんじゃないかなって思うんです。


だから即効性はないかもしれないけれど
長期的に見たら身体に良い方法で、かつ
病院に通ったり薬を飲んだりせずに治す方法を
相談者の方には提案していきたいんです。


▶︎3日食べなきゃ、7割治るそうですが、
「心の病気」と言われているものだって薬なしでも治すことはできます。

実際に心療内科に通っていた相談者の方でも
私のセッションを受けながら食事や生活習慣を変え
オーガニックなど身体に良いものを取り入れることによって
薬や病院に頼らなくても心の病が改善された方がいらっしゃいます。


心や身体の病を治す方法は
なにも病院や薬が全てではないということ。


だから「病気=病院(薬)で治すもの」という考え方を
一旦置いといて、食事や運動、生活習慣で改善できないか?
改善策の選択肢を増やしていくことも必要なんじゃないかなって思います。


精神病を治す選択肢は2つ

f:id:gift-mkn:20171218184243j:plain

まとめるとすれば、
精神病を治す方法は2つに1つ。

「薬で一時的に症状を無くす」ことを
繰り返しながら薬を飲み続けるか

現在の症状と向き合いながら原因を探り
薬を使わない対症療法によっって自然治癒を促すかです。


勿論、選択肢は色々ですから
「絶対に薬を飲むな!」とは言いません。

「どうしても辛い」「この薬を飲むと楽になる」
と思うものがあれば飲んでも良いんじゃないかなって思います。


ですが、あまり長期で薬を使うことはオススメできません。

それは先ほどもお伝えしたように
薬の離脱症状や副作用によって
悩まされるリスクがあるからでもあります。


だから、薬を使うのなら断然短期使用の方が良い。

そしてその変わりに、今ある症状と
とことん向き合うことをオススメします。


私が実際にやっている心のバランスを整える方法の一つは
「自分自身のネガティブな感情と向き合う」というもの。

イライラ、ソワソワ、悲しみ、辛さ、不安感、不快感など
ネガティブな感情が湧いた頃を振り返り
「何が原因だと思うのか?」を振り返るのです。


ここでの重要なポイントは
「原因」を振り返るのではなく
「何が原因だと思うのか?」を振り返るということ。

結局何かの問題の原因なんて
それを体験した人の主観の中にしかありません。


つまり、その体験をした
「本人の何かしらの思い込み」が問題の原因だということ。

だから、本人が「これだ!これに違いない!」と
ピッタリくる答えが見つかるまで
私はひたすら質問をしていき、本人には自問自答してもらうのです。


そうすると不思議なことに、その答えが見つかった瞬間に
気持ちがスゥーッと楽になって悩みが悩みじゃなくなってしまうんです。

しかも、自身の体験を元に
自分の心と向き合う方法を同時に伝えていくから
次何か悩むことがあったとしても
自分で向き合って自然と解決することが出来てしまうの。


このように自問自答を促しながら
問題を解決する方法は心理学者のカール・ユング
実際に実践してきたことでもあります。

ちなみに私はチャネリングという
自身に降ってきたインスピレーションを元に
質問をしながら問題解決へと導いていきますが、

瞬時に悩みがなくなった方や体調に改善が見られた方、
退職や転職、自営業という新しい職種に踏み切った方や
パートナーとの関係が改善したなど
薬を服用する以上の効果が見られています。


「思考は現実化する」のであれば
「思考の癖を改善すれば新たな現実を呼び寄せられる」ということ。

だから私はこの考え方を元に
思考の癖を知り、それを改善することに力を注いでいるというわけです。



* * *


そうそう話は変わりますが・・


今まで「微乳」だとか
「チッパイ(小さいおっぱい)」と言われていた
私のお胸が最近急成長しまして

この前下着屋さんで見てもらったら
なんと、2カップUP!!笑

 

f:id:gift-mkn:20171218185117j:plain
(写真はネットからお借りしています。←自分のじゃないw)

今までは女として見られたくないという思い込みで
自分の性を否定して男らしい振る舞いばかりをしていましたが、

女という自分をなぜ否定していたのか?を
男性を完全に受け入れることができないのか?を
自問自答するようになったら

・嫉妬心を買うことに対する恐怖心
・自信のなさ
・胸が小さいなど自分の性を否定されたことへのショック 

といった原因が浮かび上がってきた瞬間に、


「あぁ、私はこんなに傷ついていたんだ。
今まで気づいてあげられなくてごめんね。。」

という思いが溢れてきて、気づけば涙を流していたんです。


その気づきがあったおかげで私の思考癖が改善されまして
それからというもの女磨きがとっても楽しくなりました。

今までに自分に自信が全く持てなかったのが、本当に嘘のよう。。


勿論、今でも自分に自信が持てなくなることもありますが、
それは一時的なものなのでそんなに問題だとは思っていません。

それよりも、女に磨きをかける楽しさを知ってから
ドキドキワクワクする機会も増えて
シェイプアップに励むようにもなったんです。


きっと2カップもカップUPしたのは
漫画を読んでトキメク機会が増えて
シェイプアップのためにプロテイン(大豆入り)を飲んだり
早めに寝ることで成長ホルモンの生成が促進されたからなんだと思う。

f:id:gift-mkn:20171218185551j:plain


つまり心の持ち方次第で
どんな変化も期待できるんだってこと!!

何に関してもそうですが
やっぱりどう受け止めるかって、とっても大事なんだなって思います。

 

※ちなみに女性の胸の成長期は50代まで続くそうです。豆乳は特にオススメ❤️笑


゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――
゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています!!

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ^^



セッションメニュー、詳細を知りたい方は↓こちら。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから

 

精神病は病気じゃない?!薬を飲まなくてもうつ病が治るワケ

f:id:gift-mkn:20171215201157j:plain


「◯◯病」「◯◯障害」「◯◯症」という言葉を聞くと
薬じゃないと治らない、
早く病院に行って診てもらわないと!と思う人が殆どのようですが、

これらは全て、薬以外の方法で治すことが出来るのだそうです。


今回のブログではその詳細をお伝えしていきますが、
読めば読むほどその内容が凄すぎて
信じられない人も出てくるかもしれません。笑


でも私はこのブログにも書いた
ファスティング(断食)や発達・精神障害者の見方は
今後新しく変わっていくんじゃないかなって思っています。

そして、この在り方を信じるか信じないかで
健康&長寿への道が二つに分かれるんじゃないかとも。


「病気」という言葉を紐解けば
これも気持ちの問題なんだってことが自然と見えてくる。


だから何か既に診断を受けていたり
何かしらの症状に悩まされているのであれば
これを機に自分自身の気持ち(心の在り方)を見直してみるといい。

これまでを思い返してみれば
自分を追い込んで無理をしていたんだってことに
きっと気づくはずだから。



アスペルガーという病気とギフテッドの才能はイコール?!

f:id:gift-mkn:20171215201439j:plain


世間一般ではアスペルガー自閉症ADHD
パニック障害統合失調症を発達・精神障害という括りで見ています。

確かに、一般の人と比べたら感情の起伏は激しいかもしれないし
精神的に落ち込みやすいこともあるかもしれません。


ですが、これらはすべて
生まれつき持っている「繊細さ」ゆえ。

物音にビックリし過ぎてしまったり
鈍臭い人を見てイライラしてしまうのも
五感が冴えていたり、人の気持ちを先回りして
汲み取ることが出来てしまうからでもあります。


また、このような人たちが
「コミュニケーション障害(コミュ障)者」だと言われるのは
普段から直感や自分の感覚を頼りに生きているからでもある。

そうすることで、右脳が活性化するため
理屈では理解できなかったり判断仕切れない部分を
理解することができてしまい、どうしても端的な会話になってしまうのです。


繊細人間(ギフテッド)を見て冷たい人だと感じたり
付き合いづらい(付き合いが悪い)と感じてしまう人がいるのは
きっとそれが理由。


ただこれも、逆を言えば一般的な人が持っていない視点や
感性、考え方を持っているということ。

ギフテッドは興味のある事に関して
トコトン探求していく人も多いので、ギフテッドの話を聞いて
「面白い人だ」「この人は何でも知ってるなぁ」と感じる人も少なくありません。


ちなみに、経営者や芸能人、モデル、アーティスト、
作家、研究者などの職業が向いている人が多いのも特徴。

「変わり者」と言われる要素を活かせば
それを仕事にすることだって出来るんです。


そもそも病気って・・?

f:id:gift-mkn:20171215202225j:plain


皆さんは病気って、一体何だと思いますか??


ちなみにグーグル先生に聞いてみたところ、

体の全部または一部が、生理状態の悪い変化をおこすこと。発熱・苦痛などをともなうものが多い。やまい。わずらい。疾病(しっぺい)。

 という答えが返ってきました。


私は「病は気から」という言葉があるように
気持ちが沈んで心や身体に不調をきたすことを病気と捉えていますが、

東洋医学ファスティング(断食)を勧める医師の考え方からも
このような考え方の人が最近は増えているように思います。


私が最近読んでいる本、
「3日たべなきゃ、7割治る!病気で殺される前に」でも
医師の方々がファスティグ(断食)大いに勧めています。

なんと!食べないことによって
病気が完治した人や健康を維持している人
実年齢よりも見た目年齢が若く見られるようになった人がいるのです。

しかも、これまでに不治の病と言われ続けてきた
死亡率NO.1のガンさえも治すことが出来るというのだから驚きですよね。

books.rakuten.co.jp


「しっかり食べないと力がつかない」
「健康になるには1日3食たべること」

このような誤った考え方が浸透しているために
病気になったり早死にする人が増えているとのこと。


これと同じように、個性的な人や人より繊細な人たちが
「異常者、病気、発達・精神障害者」と見られてしまっているために
「病気を持った人」と誤って受け取られてしまっているのです。


もし、気持ちが病んでいるを「病人」と
多くの人が受け止めることが出来るのであれば、

ちょっと変わった人を見たとしても
「病気なんじゃないか」とか「どうやって解決しようか」と
必要以上に悩むこともないはず。

現に、イタリアでは精神科はすでに無くなっています。


www.hurights.or.jp

ちなみに上記の記事にも
↓このような内容が書かれてありましたが、

 幻覚や妄想が主症状となる「統合失調症」は、100人に1人は発症する疾患である。この疾患は、家族や友人、地域社会といった生活環境によって悪化もすれば、改善もしてゆく。それは、脳機能への生物学的な治療だけでは解決できるものではなく、疾患の根本にある「人間的な苦悩」に対する人間的なかかわりや、社会的にその個人の存在が承認されることによって、改善されてゆくのである。


精神疾患も見方次第でどうにでもなるということ。

人間的な精神医療改革に取り組んできた精神科医のダルコ医師(精神保健センター長)は「人の痛みに応えることが、私たちの仕事です。そのためには、信頼関係が大切です。そして家庭に出向き、予防を重視します」と語った。幻聴や妄想があるとき、そこにあるのは単なる「疾患」ではなく、そこから生まれる人間関係の亀裂、失職、貧困といった「人生の苦悩」であり、その苦悩は社会的なものだ、だから社会的な解決が求められる、という。「我々は、言葉を失くした人たちの沈黙の翻訳者になることから始めなければならない」。これはダルコ医師が別れ際に、筆者らに語ってくれた言葉である。


とも記載されていますが、これと同じように 

周りの人の受け取り方や接し方を変えていくことは
精神・発達障害の人に対する接し方に関しても
今後求められることなんじゃないかなって思います。


精神病という病気が生まれた理由

f:id:gift-mkn:20171215203406p:plain


「精神病」ができる背景には
「病院ビジネス」の意図が隠されてあります。

これは精神科の医師が書いた本にも
書かれてある内容だから驚き。


例えば、ADHDや統合失調やうつの罹患者には
精神安定剤が処方されますが、

これは一時的に興奮や不安が抑えられたと
実証されたために「安定剤」として処方されているもの。


実際は不眠や消化不良・吐き気、興奮や不穏といった
離脱症状」に悩まされる人も少なくありませんが、

離脱症状が出るものの方が
患者は薬を飲み続けてくれるため、病院としては助かります。

とても信じがたい話ではありますが、これが医療業界の真実です。


だからと言って、これが公に知られてしまえば
薬が売れなくなり病院としてのビジネスが成り立たなくなってしまう。

だからこそ、その実情は知られないまま
病院ビジネスというものが成り立っているのです。


実際に私のお客さんでも
「医師が処方したもの以外の薬を薬局から勧められたことがある」
と話していた方もいました。

その方はそのような医療機関の誤った動きを改善するために
A新聞と提携を組んで活動しているそうなのですが、

このように、今の時代は
医療業界の常識を見直す段階に入ってきているのです。


病気は寝て治せ!

f:id:gift-mkn:20171215204353p:plain


「病気を早く直したい」
「今よりもすぐに楽になりたい」

という思いがあるのであれば
一時的に効果を見出すことが出来る西洋医学(現代の主の医学)を
取り入れるのも良いかもしれません。


ですが「病気にならない健康な身体を作っていきたい」
「健康で長生きしたい」という思いがあるのであれば
絶対に薬で治す方法はオススメしません。


先ほどもファスティング(断食)の話をしましたが
食べないだけでほとんどの病気が改善してしまう、と
医師も言うのだから、それを実践して間違いありません。


また「病は気から」と
「気持ち次第で病気が引き起こされる」と考えられるのであれば、

元気(気持ちが元(本来)の状態であること)を
心がければ良いだけの話。


健康な身体づくりをするのと同じように
必要な時は休息をとったり、リフレッシュするなどして
気持ちを安定させることを心がけることが
健康で長生きするための近道なんじゃないかなって思います。


ちなみに私は年相応に見られていた25、6歳の頃は
3食お腹いっぱい食べながら
無理して営業をすることも多かったのですが、

自分の身体に無理なく休む時は休み、適度に遊ぶ時間を取り入れ、
1日1〜2食、食べたい時に食べる生活をするようになってからは
30歳になった今、20〜23歳と間違えられることも多く
お肌もキレイだと褒められるようになりました。

足ツボマッサージをした時も
26歳の頃は痛くて悶絶するくらいでしたが(特に胃腸と肝臓)
この前受けた時はどこも痛くありませんでした。


ある人は「病院に行かない方が元気でいられる」
と話していましたが、

健康診断も見方を変えれば
自分の体調の粗探しをしているようなもの。


運にも流れがあるように
人の身体にもバイオリズムがあります。

良い時もあれば悪い時もあっておかしくないのに
たまたま目にした症状を元に再検査を受けたり
薬が処方されるのはおかしな話。


看護学校でも

「熱が出るのは菌やウイルスを殺すため」
「悪寒が出るのは毛穴を引き締めて体温を逃がさないようにするため」
「下痢になるのは身体の不要な菌を外に追い出すため」
「あくびが出るのは脳が眠りたい(休みたい)という信号を送っているため」

と習いました。


一般的に症状は病気になる前のサインと捉えられていますが、
本来はその逆で、その症状が起こってくれているから
ホメオスタシス(恒常性、身体のバランス)が保たれている。


だから症状が出た時は何か心当たりがないか
行動を見つめ直してみたり、一先ず休んでみるのが先。

それが自分自身の身体と向き合う上で
とても重要なことなんじゃないかなって思います。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています!!

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ^^



セッションメニュー、詳細を知りたい方は↓こちら。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから

人はなぜ変われない??現状維持から抜け出せない心理を変えるメカニズム

f:id:gift-mkn:20171208182131j:plain


人は感動すると心が洗われ
新しい情報を受け取りやすくなります。

アインシュタイン
「人が生きる喜びは感動の中にある」と話していますが、

心を動かす(感動する)ことが
魂の喜びだという話もどこかで聞いたことがあります。


だけど多くの人は過去の刷り込みによって
努力や苦労をすることを美徳だと思い込んでいるし

人に合わせたり、遠慮や謙遜をすることで
自分のパターンから抜け出せずにいる。


これを乗り越えるためには新しい経験を積み重ねて
潜在意識の情報を新しいものにして
「できる」という感覚を植え付けていかなければなりません。

今回は現状維持から抜け出すための
潜在意識を書き換える方法をお伝えしていきます^^


超えられない壁は自分で作っていた?!

f:id:gift-mkn:20171208183451j:plain


「人は変わろうと思っても中々変われない」

と、そう思ってはいませんか??


確かに人は年を重ねるごとに
これまでの経験を活かして物事を判断しようとするので
行動が後になってしまう人も少なくありません。

ですが、年を重ねた人でも行動力がある人や
物事を柔軟に捉えられる人など
常に変化し続けられる人もいます。


その違いが何かと言えば、

それは「潜在意識を常に書き換えているか?」
にあるんじゃないかなって思う。



これまでも「自分を変えることができない」
「どうしても現状維持を選んでしまう」
という悩みを抱えている人に出会ってきましたが、

このような方たちに共通して言えるのが
「潜在意識の情報を更新していない」ということ。

いつも同じ生活パターンの中にいるので
何か新しいことを始めようと思った時に
腰が重すぎて立ち上がることができません。


人は何かしようとするとき
常に自分の「閃き」を頼りに行動しています。


例えば「今日はどこのカフェに行こう?」と考えてみれば、

・今までに行ってみて良かったお店
・友人から勧められた(もしくは良いと噂で聞いた)お店
・道を歩いていてパッと目に入った気になるお店
・次の予定にも都合の良い場所にあるお店 etc

という形で答えを導き出すように。


だけど、普段と同じパターンを繰り返したり
人に合わせて行動することが多くなると

新しい経験からのインプットができていないために
潜在意識が古い情報で固められてしまいます。


「(本当は転職したいけど)
今の私じゃ無理だよなぁ。」と思っている人ほど、

自分と同じ年齢で転職を繰り返しながら
働いている人の存在を知らなかったり
仕事の不満が解消できる就職先があることに
気づいていなかったりするのです。


ちなみに「閃き」はくじ引きと一緒で
自分の頭の中という箱の中から
潜在意識というくじを引く仕組みになっています。

それは、頭の中に新しい情報という「当たりくじ」を入れておけば
自分の求めている情報を引ける確率も増えるということでもある。


何かをする際に最初から無理だと決めつけるのではなく
常に何かしら新しいことに取り組んで経験を重ねていくことで
自身のコンフォートゾーンを広げていくことが大切なのです。


「苦労するのが素晴らしい」という思い込み

f:id:gift-mkn:20171208184846j:plain


これまでに苦しむ時代
(戦争や努力を強いられる時代)を経験してきた人たちは
苦しい道、困難な道を無意識に選択してしまう傾向にあります。

※これはその時代を生きている魂を持っている人にも
共通して言えることでもあります。


現状維持はそのうちの一つ。

「努力すれば報われる」
「成功する為には汗水流さないといけない」という刷り込みが
現状維持を美徳化してしまっているのです。


だけど実際は、現状維持ほど苦しいものはありません。

現状に留まるということは、解決策がよそにあるにも関わらず
自分のいる場所だけで答えを探し求めるということ。

これではゴールのないマラソンをしているのと一緒です。


今いる場所、今やっていること、
自分のこれまでの経験から答えを見つけ出すことができないのなら
パターンを変えるしかありません。

新しい行動を選択するからこそ
そこで初めて答えを見つけ出すことができるのです。


限界を超える際の注意点

f:id:gift-mkn:20171208185416j:plain


何かに新しく取り組むためには
少し勇気がいるかもしれません。

未知なる経験をするわけですから
すぐに始められることばかりではないと思います。


だけど、少しずつでも
新しい経験をする習慣を取り入れれば
何かを始める際に抵抗感を感じにくくなります。

それは、潜在意識に体験した新しい情報を
少しずつ刷り込んでいくことで
恐怖心を和らげることができるからでもあります。


これは、身体が硬い人が
開脚ができるようになるまでの流れと同じ原理。

身体がどんなにガチガチな人でも
少しずつ筋肉の筋を伸ばして慣らしていくことで
きちんと開脚できるようになりますが、

これを早く開脚できるようになりたいからと
無理くり脚を開こうとすると
逆に筋肉が硬直し、余計身体が硬くなってしまいます。


人の潜在意識も同じで、新しい体験を急にしようとすると
危機回避能力が働いて「恐怖心」「嫌悪感」
「イライラ」という感情に悩まされたり
行動に移せなくなってしまうことがありますが、

少しずつ新しい経験を取り組んで慣れていくことで
「あれもしたい」「これもしたい」
「◯◯をしてみたら面白いかも?!」
といった閃き力が磨かれていきます。


これまでにセッションを受けてくださった方にも
「これからなんでもできると思ったらワクワクします!!」
コメントを下さった方もいますが、

これも少しずつ潜在意識を書き換えて
自身のコンフォートゾーンを広げていったからでもあります。


私が常に新しいことに取り組んでいるのも
無意識に潜在意識を書き換える行動を取っていたからなんですね^^


新しい場所に行ってみるのも良いし
食べたことがないものを食べてみたり
悩んでいたものを思いっきり買ってみてもいい。

何でも良いから、今できることから
新規開拓をしていくことがポイント。


そういった小さな行動の積み重ねが
自分だけの感動に繋がるのです^^



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています!!

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ^^



セッションメニュー、詳細を知りたい方は↓こちら。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから



影響力は上手に受けろ!HSPが人に流されないためにやるべきこと

f:id:gift-mkn:20171205181347j:plain

私は普通の人が休みの日に仕事をすることが多いけれど
「今日は仕事かぁ。やだなぁ・・。」なんて落ち込むことはないし

何故か自分まで休日を味わっているかのように
ウキウキすることもあります。


これはきっとHSP(繊細すぎる人)が生まれ持っている
共感能力を活かしているからなんだと思うの。

周りの人の休みの日に感じる、
ウキウキしたりワクワクする気持ちに共鳴しているから
自分まで気分が上がってしまうんです。


それまでは人の影響を受けすぎて
疲れすぎてしまうことも多々あったけれど、

共感能力はこうやって
上手に活かすべきなんだってことに
ようやく気がつきました。


自分の意見、主張していますか?

f:id:gift-mkn:20171205181637j:plain


私が人の影響を受けすぎて疲れていた頃は
とにかく人に合わせて過ごすことが多いものでした。

自分のことよりも他人のことに気がつくことの方が多かったから
相手の期待に応えたり、人の喜ぶことを自然と優先していたんです。


これは一見すれば「気が利く人」「優しい人」
「協調性がある人」となるのだけど、

実際は毎回選択肢を他人に委ねているから
自分の意見を伝えることができていませんでした。


「人の考えや思いを汲み取るのが得意」なのはHSPならでは。

だけど、自分の考えや思いを押し殺してまでも
他人を優先することで必要以上に疲れてしまうこともあります。


そのくせ、責任感が強くてタフな人でもあるから
自分が無理していたり疲れていても気づかないのがHSPでもある。

だから自分の「疲労度」をチェックしながら
日々を過ごすのがHSPにとっては必要なんです。


HSPは自分の「疲労度」を把握するべし!!

f:id:gift-mkn:20171205181541j:plain


自分のことよりも他人を優先することが根付いていると
自分を大事にすることが疎かになってしまいます。

私も「人が喜ぶことを沢山したい!」
「人の期待に応えていきたい!」という思いばかりが先行して
仕事ばかりに明け暮れていた時は、完全に女を捨てていました。

オシャレをするよりも仕事をするのが楽しくて
家事をするよりも稼ぐことや
実績を生み出すことにばかり追われていた。


だけど一通り動き回ってみて初めて
自分に目を向けていなかったことに気付かされたんです。

それからは今までの価値観がガラリと変わり
自炊に目覚めたり、オシャレを楽しむようになったりして
やっと女である自分を楽しむことができるまでになりました。


f:id:gift-mkn:20171205182320j:plain

ヘアケアなんかも全く意識してなかったのに
ヘアビューロン買っちゃったよね❤️笑

↓しかもこれ、2万5千円もするの!!

f:id:gift-mkn:20171205182419j:plain


値段で言ったらそれなりにするけれど
使えば使うほど髪にツヤが出ると言うから買ってみたら大正解!!


こうやって美容にお金をかけてきたことって
今までにどれくらいあっただろう??と思うけど
自分にフォーカスするようになれば
自然と自分を磨くためにお金を使うようになるようです。



他人のために動きがちな人は
こうして自分に目を向けてみると
自分が喜ぶことをもっとしたくなるもの。


普通であれば「仕事に行かなきゃ!!」と
寝坊した後でも急いで準備をして出かけるものだけど

「今は疲れているのかもしれない」と思い切って仕事を休んでみたり
勤務時間を変更して余裕のある時間に出かけてみるのもアリ。

こうやって心の声に耳を傾ければ
本当はどうしたいのか?が段々と見えてきます。

ほんの些細なことでも
心の声に耳を傾けて素直に行動していると
それが疲れのバロメーターになるの。


だから疲労度をチェックするなら
まずは「心の声」に耳を傾けること。

そうすれば自分に無理なく過ごす習慣を
身につけることができます^^


人に流されない秘訣は「真に受けない」こと?!

f:id:gift-mkn:20171205183338g:plain


あともう一つ、気をつけなければならないのは
「他人の意見を真に受けないようにする」ということ。


素直な人であればあるほど
人が良いから他人の意見を受け入れがちになるのだけど

それが日常だと素直に聞かなくても良いことまで
聞き入れてしまいます。


そうやって人の意見を聞きすぎないためには
他人に言われて違和感を覚えたことや
確信が持てないことに対しては疑いの心を持つこと。

だからと言って常に警戒する必要はないですが、
自分が違和感を感じたことって大抵当たっているのよね。


自分自身の魂が「こっちじゃないよ」と知らせてくれているから
それが心のモヤモヤや怒り、違和感として感じるようになっているの。


だから、周りがなんと言っていようと
「あなたは間違っている」「みんなもそうしているよ」
といった言葉を受け取る必要はありません。


HSPは常に人の意見を優先する人である分
周りの人に「この人は何でも許してくれる人」と思われがち。

時には「コイツは何でも言うこと聞いてくれる」と
ナメて見られる場合もあるから気をつける必要があります。


自分の感覚に自信が持てなかったとしても
強い気持ちを持ってその感覚を信じることが大切です。



゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜

映画『gifted/ギフテッド』上映中⭐️⭐️

f:id:gift-mkn:20171030175256j:plain

とっても感動する映画なので、ぜひ見てみてください❤️
個別セッション「ギフテッドスクール(リーディング鑑定付き)」も
大変ご好評いただいています^^❤️

ご予約&詳細は↓こちらから
▶︎https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/11875 


その他、個人セッションのご予約も承り中❤️
海外、全国からもお問い合わせいただいています!!

今すぐご予約したい方は↓こちらからどうぞ^^



セッションメニュー、詳細を知りたい方は↓こちら。

ギフテッド診断は▶︎こちらから 

【無料メール講座】自分という財産を築き上げる方法(全7回)は▶︎こちらから

ギフテッドに関するおすすめの記事は▶︎こちらから